【#4】驚くほど分かりやすくなる伝え方のコツ

この記事は3分で読めます

こんばんは、かろりぃです。
今回もシリーズ記事になります。

前回記事はこちら
http://carory.com/2478.html

どうすれば分かりやすい伝え方になるのか?
そのためにはどんな意識をするといいのか?

そんな話をしていきたいなと思います。

今回、僕が伝えたいのはコレです。

==========
句読点を使いこなそう
==========

句読点、と言うと文章だけの話だと
思われるかもしれませんが、
これを「沈黙」に変換すれば
話すときに活かせることでもあります。

=================
句読点(沈黙)を使いこなせる人は、
分かりやすい伝え方のできる人

=================

たとえばこんな風に句読点をつけずに
連続で文章が書いてあったらどうでしょう?
まだ改行してるからそこまで読みにくくないかもしれませんが
句読点が無い(少ない)とこんなに読みにくくて
読む気すら失せるような文章になるのです。

じゃあ、同じ文章を今度は句読点つけて書いてみます。

たとえば、こんな風に句読点をつけずに
連続で文章が書いてあったらどうでしょう?
まだ改行してるから、そこまで読みにくくないかもしれませんが、
句読点が無い(少ない)と、こんなに読みにくくて
読む気すら失せるような文章になるのです。

どちらの文章の方が
読んでいる人に”負荷”をかけるか?

という視点で見てみても、
圧倒的に後者の方が負荷が少ないはずです。

この視点、伝え方を考えるときに
すごく大事なのでもう一度書いておきます。

==============
伝わる文章(話)というのは、
相手にかかる負荷の少ないもの

==============

切れ目をつくるのは、
相手に息継ぎのタイミングを与えるようなもの。

息継ぎしなかったら苦しいですよね。

ですので、話をするときに
勢いでずーと喋り続けてしまったり、
つい切れ目を埋めようとして
「えー」とか「そのー」を口癖のように挟むのは
相手にかかる負荷を上げる
のです。

ちなみに、
話の合間に「えー」を挟む口癖は直せます。

結構、無意識に言ってたりするので、
自分が誰かに説明する様子を録音して
確認してみるのがオススメです。

僕も最初のころは、
セミナー収録して編集するときに
「えー」の多さに驚いたんですが(苦笑)、
言葉に詰まったときは意識して
沈黙するようにしていたら改善されましたので。

句読点をつけるタイミングは、
学校では「主語の後につける」くらいしか
教わらないと思いますが、
国語的に正しいかはどうでもいいんです。

今回のテーマは「正しい使い方」ではなく
「伝わる使い方」
ですからね。

僕が意識しているのは、主にこの3つ↓

===========
1.息継ぎのタイミング
2.連続で漢字が続くとき
3.重要なことを伝える前
===========

息継ぎのタイミングは、
さっきの事例を参考にしてもらえればと思います。

2.連続で漢字が続くときって?

たとえば「結構無意識に言ってる」という文面。
さっき出てきた文面です。

こうやって一まとめの漢字ではないのに
繋がってると、読み手は一瞬ですが戸惑います。

その負荷をなくすためにも、
「結構、無意識に言ってる」と点をつけることで
分かりやすい文章になるのです。

これは、平仮名が連続で続くときでも同じです。

「これらのようにとても身近な例ですと」

「これらのように、とても身近な例ですと」

こうすると読みやすいですよね。

3つ目の「重要なことを伝える前」は、
そのまんまの意味です。

重要なことを伝える前には
必ず切れ目をつくるようにしましょう。

文章なら句読点や改行を使い、
トークなら沈黙を使います。
(絶対に「えー」を挟まないこと)

これは、この記事の中でも意識してますので、
ぜひ「あーこんな感じね!」と探してみてください。

以上、今回のテーマは
「句読点(沈黙)を使いこなそう」でした!

では、ありがとうございました。

→この記事の続きはこちら

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→「Link」プレゼントページに行く


  • 2017 03.24

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter