コミュニケーションの極意~2つの思考タイプ~

この記事は4分で読めます

ぞう

こんばんは、かろりぃです。

今回は、僕が運営しているコミュニティの
「Suona」で送ったメールをシェアしようと思います。
 
 
Suonaで送っている内容は、
最初の方で配っているコンテンツの
前提知識がないと理解できないものが多いんですが、
この内容はそんなに繋がってないんですね。

かつ、
コミュニケーションにおいても
ビジネスにおいてもヒジョーーに重要な視点。
 
 
なので、
こっちのメルマガの配信頻度を下げ、
Youtubeの動画投稿ペースも下げて
僕がなにをしているのか?

をチラ見せしてみようかと思い立ち、
たまにはこんな試みをしてみます。笑

正確には、
Suonaのメインコンテンツではなく、
コミュニティ内企画の「読書サークル通信」で
送った内容なのですが、
ぜひぜひ読んでみてください!
 
 
それでは、どうぞ。
 
 
(ちなみに、D・カーネギーの
『人を動かす』を課題図書にしています)
――――――――――――――――――
どうも!かろりぃです。
読書サークル通信の時間です。
 
 
さてさて、今回は、
『人を動かす』P130~P136の
【関心のありかを見ぬく】が範囲になります。

ページ数は少ないですが、
会話する上でかなり重要なことが書いてありました。
 
 
一言で内容をまとめてしまうと、
 
 
相手の興味あることをリサーチして
それを話題にしよう!

 
 
ということを言っていて、
こんなことが書いてあります。

――――――――――――――――
相手の関心を見抜き、
それを話題にするやり方は、
結局、お互いにとっての利益になる
――――――――――――――――
 
 
他には、
 
 
――――――――――――――――――
相手次第で成果も違うが、
概ねしていえば、どんな相手と話をしても
そのたびに自分自身の人生が広がる

それが、何よりの成果だ
――――――――――――――――――

これ実は、
マーケティングの発想と似てます。
 
 
まだ今みたいに生活が豊かじゃなくて、
エアコンやテレビが売れまくってた頃は、
「大量消費時代」といって、
この頃は、なにも考えなくても商品が売れてました。

ただ、それなりに物が充実してきて、
生活水準が上がってきたら、
急にモノが売れなくなったんですね。
 
 
「なんでも売れる」神話が崩れて、
「売れるものは何か?」を考え始めるようになったのです。
 
 
そこから、
マーケティングの発想がガラリと変わりました。

※ちなみにマーケティングは、
 商品を作ってから売るまでの一連の流れのこと
 
 
――――――――
作ったモノを売る
↓↓↓
売れるモノを作る
――――――――

企業が好き勝手に作ったモノが
売れなくなってきたので、
「人々が求めるモノは何か?」
のニーズ(興味)を調べて、それに合った商品を作る。

という流れに変わったのです。
 
 
今回の『人を動かす』の内容は、
まさにコレ。
 
 
―――――――――――――――――
自分の好きなことを話すだけだと
上手くいかない可能性が高いから、

だったら、
相手の興味あることを調べて、
その話題を出していけば
会話が上手くいく可能性は上がるよね
―――――――――――――――――

というコトなんですね。
 
 
確率として、
「その方が効率良いじゃん?」
というアプローチなのです。

僕はこれを、
「マーケッター思考」と呼んでいます。
~~~~~~~~~~
 
 
この思考と対極にある

「とにかく自分の好きなことを表現して、
それを世間(相手)に受け入れてもらおうとする」

発想のことを
「アーティスト思考」と呼んでます。
~~~~~~~~~~
 
 
―――――――――――――――
【2つの思考タイプ】

・マーケッター思考
 →売れるものを作る、の発想

・アーティスト思考
 →作ったものを売る、の発想
―――――――――――――――
 
 
多くのビジネス本とかには
成功するには「マーケッター思考」を
身に付けよう!

という意味のことが書いてありますし、

恋愛・コミュニケーションノウハウにも、
「マーケッター思考」を身に付けよう!
という意味のことが書かれていることが多いです。
 
 
し、

僕も恋愛講座とかでは
ずーっとそう言ってきました。
 
 
なぜなら、
「マーケッター思考」の方が
身に付いている人が少ないし、
こっちの方が上手くいく可能性が高いからです。

ですので、最初は
この「マーケッター思考」を意識して
「相手の興味を調べて話題にする」を
やってみるようにしてみてもらいたいです。
 
 
ただ、最終的に、
このSuonaではもう1つ
次元の高いものを目指していきたいと思っています。
 
 
それが、

――――――――――――――――――
マーケッター思考と
アーティスト思考のコラボレーション
――――――――――――――――――

一見、対立してそうなこの2つを
「融合」していくのです。
 
 
「相手の興味を調べて話題にする」
たしかにコレは、相手に好印象を与えます。

自分の価値観や興味の幅を広げる、
という意味でも、オススメです。
 
 
これを意識して生活していれば、
いつの間にか話題の引き出しが豊富になって、
よりたくさんの人を楽しませられるようになっていきます。
 
 
が、ずーっとコレだけ、
というわけにはいかないと思います。

たまには
「自分の好きなことを話したいし、
 その良さが相手にも伝わって欲しい!」
という気持ちにもなるはず。
 
 
ただ、
相手がまったく興味ないのに
自分の好きなことをそのまんま話しても、
ほぼ間違いなく「つまんない」と思われます。
 
 
そこで、
マーケッター思考と
アーティスト思考の融合が必要なのです。
 
 
もう少し砕いた言葉に変換すると、

―――――――――――――――――
「自分の興味」と「相手の興味」に
橋を架けて繋げちゃおうよ!

―――――――――――――――――

という発想です。
 
 
たとえば、
このSuonaは、まさにこの発想から
生まれたコミュニティなのです。

「コミュニケーション」を軸にしているので、
多分、コミュニケーションに興味ある人が多いはずです。

人付き合いとか恋愛に興味があって
ここに参加した人が多いはずなんですね。
 
 
ですので、
マーケッター思考から考えると、
僕が発信するべきは
「コミュニケーション(人付き合い)」についてです。

でも、実際は、
健康の話だったり、宮本武蔵の話、
ハンター×ハンターの話をしちゃったりしてるわけです。笑
 
 
だけど、今のところ、
参加した全員が、退会せずに
継続参加してくださってるのです。
(本当にありがとうございます!)
 
 
「コミュニケーションの話してください!」
なんて意見も出てきていません。
 
 
これは、僕が話したい
「健康」や「宮本武蔵」の話と
みなさんが興味ある「コミュニケーション」の話を
繋げているからなんですね。
 
 
だから、僕は、
「みんなが興味のある話」をしつつ、
「自分が話したいこと」を発信してるのです。

ですので、
こんな長文を書いたりしてても、
まったく苦になってないんです。
 
 
これが、
マーケッター思考と
アーティスト思考の融合。

いきなりイメージするのは難しいかもですが、
とにかく「融合」という感覚を
覚えておいてもらえればなと思います!

ラフな言い方をしちゃえば、
「良いとこ取り」です。笑
 
 
これを目指していきましょー!
――――――――――――――――――
↑ここまで↑
 
 
かなり大切な視点が書いてあるので、
ぜひ何度か読み直してもらえればなと思います。
 
 
流れとしては、

1.マーケッター思考を身に付ける
2.徐々にアーティスト思考と繋げる
3.2つを融合させた1つにする

こんなイメージです。

ではでは!
ありがとうございました(^^)

→Suonaお試しコンテンツページへ


  • 2015 08.25

関連記事

  1. 91d9711c9dc9b914e69418cdb0f9808c
  2. teryouri
  3. じぇっと
  4. nizu
  5. medeou
  6. henpo

管理人

prf01

かろりぃ(小野田サトシ)

技術ばかり重視した「コミュニケーション」に疑問を感じ、【心×身体×技術=コミュニケーション】という信念で活動しています

プロフィール+αはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

かろりぃTwitter