言葉と行動、あなたはどっちで判断する?

この記事は2分で読めます

こんばんは、かろりぃです。
コミュニケーションは大きく分けて
言語コミュニケーションと
非言語コミュニケーションの2つに分かれます。

そして、僕らが人を見るときには、
「非言語コミュニケーション」を優先して
相手のことを判断する、と言われています。

これをパーセンテージで表しているものに、
有名な「メラビアンの法則」という法則があります。

ざっくり紹介しますと、

=================
言語情報・・・7%
(話の内容など)

聴覚情報・・・38%
(口調や話の早さ、声のトーンなど)

視覚情報・・・55%
(仕草、表情、歩き方、姿勢などの見た目)
=================

つまり、
言語情報<聴覚情報<視覚情報

この優先順位で人は相手のことを
判断しますよ、というものです。

で、これを見たときによくある誤解があります。

結構、コミュニケーション講座を開くような人でも
誤解して教えていることがあるんですが、
これは決して「見た目が大事なんです!」
という単純な図式ではありません。

正確には・・・

==================
それぞれの情報に”矛盾があったとき”、
より%の高い情報を優先して判断する

==================

というものなのです。

たとえば、もし田中くん(仮)が
「俺ってモノ大事にするタイプなんだよねー」
と言っていたとしましょう。

ある日、その田中くんが下駄箱から靴を出すとき、
地面にポイッと投げて靴を置いた瞬間を目撃しました。

そのときあなたなら、
田中くんが言語情報として言っていた
「モノを大事にする」という情報と、

実際には目の前で視覚情報として見た
「靴を腰くらいの高さからドサッと落とす」
という情報のどちらで判断しますか?

・・・多分「ああ、モノを大事にしないんだな」と
判断するかと思います。

これが、メラビアンの法則です。

パーセンテージは正直どうでもいいのですが、
「矛盾があったときに人は視覚情報を優先する」
ということは覚えておくのがいいと思います。

さて、このメラビアンの法則が
自分たちの感覚として証明されたことで
明らかにされることがあります。

=================
よく売っているコミュニケーション関係の本や
教材が微々たる効果しかないこと
(ほとんどが言語情報のことだから)
=================

僕はずーっとコミュニケーションを磨くには
食生活や睡眠の質を上げることが重要です!
と言い続けていますし今でも信念は変わっていません。

というのは、それらは表情や仕草や
些細な行動などの視覚情報に表れるからです。

まったく喋ったこともない人なのに
「あの人は信頼できるな」と感じるような人が
たまにいると思いますが、
そういう感覚は視覚情報からのもの。

モノを大事にする人は
往々にして信頼されやすいのですが、
それは言葉ではなく行動で証明するもの。

それでは、今回はこれで。
ありがとうございました。

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2017 02.07

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter