世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

仕事できる人の教え方とは?~普遍の3ステップ~

osie

上司に頼られる、部下に頼られる。
そんな人は「教え上手」な人が多いです。

僕は毎週、『ライオンのグータッチ』という番組を
見てるのですが、そこでは、
何年もずーっと勝てなかったテニス少年が
プロの方に数ヶ月教わっただけで急激に成長して
大会で優勝できるようになったりしていて。

いかに教え方の違いが成長に影響を与えるか?
というのを、ひしひしと感じます。

教えるのが上手な人に新人の教育を任せれば
それだけ成長も早いわけで、
たとえば会社なら売上の伸びに繋がるのです。

そして、教えられる側にとっても、
出来なかったことが出来るようになるので
「この人と一緒に仕事したい!」と思うわけです。

ですので、
教えるのが上手な人は、頼られる。

では、そんな教え方が上手な人は
どんなことを意識して教えるのか?

もちろん、今から話すことが全てではありませんし、
場面によっても違うはずです。

ですが、そのうえで、
「教える」に関わるだいたいの仕事の場面に
共通することを話そうと思います。

何を教えるにしても共通する
普遍の流れは、この3ステップです。

==================
1.相手のレベルを把握
2.まずは前提知識から埋める
3.必要な前提知識が揃ったら、説明する

==================

前提知識というのは、辞書によると
「何かをする前に知っておく必要のある知識」のことです。

たとえば、バスケットボールを
何にも知らない初心者に教えるとしたら
そもそも「ドリブル」だったり
「ピボット」という単語を知らないかもしれません。

それなのに、
「ドリブルをしていて敵に止められたら、
ピボットをしながら味方に
パス出せるタイミングを作ろう」
なんて言われてもチンプンカンプンなのです。

ですので、
==================
まずは相手がどのくらい知ってるのか?
という「レベル把握」をする必要があります。
==================

このステップを経ないと、
「どの単語は伝わって、どの単語は伝わらないか?」
というのが分かりませんから。

逆に、「これはもう説明しなくてもいい」
ということも分かるので、無駄な説明を省いて
相手にとって退屈な時間をカットすることにも繋がります。

その後、

==================
「今から説明することを理解してもらうには
まずはコレについての知識がないと
イメージしにくいだろうな」と思われる
前提知識を埋めるステップに入ります。
==================

先ほどのバスケの例なら、
「これをドリブルと言うんだよ」とか
「これをピボットと言うんだよ」と教えるところから。

相手がその業界の初心者だとしたら、
尚更、ここは丁寧にしていかないといけません。

そして、必要な前提知識を備えてもらったら
それらを使って説明に入るのです。

分かりやすい教え方をする人は、
このステップの流れで教えます。

しっかり前提知識を備えてもらうことによって、
次にまた別のことをやるときにも
こちらとしても教えやすくなるし、
相手にとっても理解しやすくなるのです。

ぜひ参考にしていただければと思います。

ありがとうございました。

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな人にオススメ】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」でいたい
・人生に「楽しい」と思えることを増やしたい
・「知識不足で損する」のをなるべく減らしたい
・周りより頭一つや二つ分抜けたい
・大切な人を守れる強さを備えたい

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

ブログには載せれない記事や
独自のシンフォニー・コミュニケーション理論、
「すべての悩みを消し去る方法」という
特別レポートのプレゼント等もご用意してますので、
こちらから参加してみてください。

友だち追加数
(もしくはLINEのID検索で「@carory」で検索)
※@マークもつけないと表示されません

いただいた感想の一部
kansou
ご参加お待ちしています。


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031