世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

アドラー心理学の「褒めてはいけない」とは○○を伝えること

zizitu

こんばんは、かろりぃです。

『嫌われる勇気』の中で、
「褒めてはいけない」と書いてあります。

一般的に「効果ある教育」とされてる方法では、
「どんどん褒めよう!」どんなに褒められるのが苦手な人でも
なんだかんだ褒めた方が伸びる。ここに例外はない。

と言われていますが、
アドラー心理学ではそれを否定するような形で
「褒めてはいけない」とされています。

では、どうすればいいのか?

という対策として、
「友達のように接しよう」と
すごく抽象的なことを話しています。

では、もっと深掘りしていって
「友達のように接するとはどういうことか?」
について今回は触れていきたいと思います。

この感覚を考えるときに
すぐに僕が思い浮かべたのは、
9年間続けたバスケ部のことです。

部活では試合形式の練習をすることが多く、
部内のメンバーで分かれてチーム戦をするんですが、
一応、これでも部長に任命されていたので
メンバーへの声掛けは意識していました。

たとえば味方がシュートを決めたときには
「ナイシュー!!」と言います。
(ナイシュー:訳ナイスシュート)

ここ注目ポイントなのですが、

=================
この「ナイシュー!」という声掛けは
”褒める”に含まれるのか?
=================

そんなことを考えたみたとき、
僕の中では褒めてる感覚ではありませんでした。

ただただ、

味方がシュートを決めて
自分たちのチームに得点が入った。
それはナイスなシュートでしょ。

ナイシュー!

という「事実」を言っているだけなのです。

褒めているわけではなくて、
良いシュートだと思ったから
ナイスシュート!と言っただけ。

ただそれだけなんですね。

友達と一緒にゲームをするときも、
友達が良いプレーをしたら
「ナイス!」とよく言いますが、
これも褒めている感覚ではありません。

ただただ、

ひたすらに純粋に
「事実」をそのまま言っただけなのです。

ですが、同じような場面で
もし「上手だね!」と言ったとしたら、
それは”褒める”となり、
若干の上から目線が入ってしまいます。

綺麗に掃除した人に対して
「綺麗ですね」と言うのは”事実”ですが、
「すごいですね」だと”褒める”になります。

そして、”褒める”で言ってしまうと
相手は「褒められるために頑張る」という
他者の人生で生きるようになってしまう・・・

アドラーが危惧していたのは、
きっと、こういうことなんだと思います。

ではでは、今回はこれで。
ありがとうございました。

◆LINEマガジン参加はこちらから

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

ブログには載せれない記事や
シンフォニー・コミュニケーションの話、
「すべてに悩みを消し去る方法」という
特別レポートのプレゼントもご用意してますので、
ぜひこちらから参加してみてください。

友だち追加数
(もしくはLINEのID検索で「@carory」で検索)
※@マークもつけないと表示されません

いただいた感想の一部
kansou
ご参加お待ちしています。


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031