世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

成長は「階段状」ではなく「どこでもドア」である

doraemon

こんにちは、かろりぃ(小野田)です。

成長は階段状に少しずつ伸びるんじゃなくて、
「ワープ」するように急に伸びる。

今回は、そんな話をしようと思います。

最近、『新・のび太の日本誕生』という
ドラえもんの映画の影響でいろんなところで
コラボ商品が発売されてたりしますが、
まさにドラえもんの「どこでもドア」みたいなイメージです。

これは僕の実体験からの感覚なんですが、
成長の初期段階はものすごーく緩やかな上り坂です。

ですが、
「これ本当に上達してるのかな?」
と疑うくらい緩やかな上り坂をずっと進んだ先に、
突然、「どこでもドア」が現れます。

そして、その「どこでもドア」に入ると、
気が付けば富士山の頂上までワープしてるのです。

僕は、これを体験したのが人生で2回あります。
(覚えている限りで)

1つは、部活でやっていたバスケ。

まったく届かなかった3Pシュート、
届いても、ただの力任せで安定しない3Pシュート。

今でもハッキリ覚えてますが、
そんな3Pシュートが、ある日突然、
力を使わなくても届くようになり、
さらに安定して入るようになったのです。

少しずつ成功率が上がった、ではなく、
急にギュンッ↑と成功率が上がりました。

あと、今こうして文章を書いてますが、
最初はまったく書けませんでした。

500文字書くのでも精一杯で、
内容も薄紙のようにペラペラ。

そのくせに、1時間以上かけていたのです。

そんな状態がしばらく続いたんですが、
これまたある日突然、それまでが嘘のように
スラスラ文章が書けるようになったのです。

内容の質も、
書いてる本人ですら分かるくらい上がりました。

その感覚は、どう考えても
階段状に少しずつ成長した。

ではありません。

「ワープ」の方が、しっくりくるのです。

―――――――――――――――――――
何かを「できない→できる」にするには、
ワープの瞬間まで続けなければいけません。

―――――――――――――――――――

でも、ワープ前までは、
疑いたくなるほどに緩やかな上り坂。

その段階で「結果」に重きを置いてると、
それは「暗黒時代」という呼称がふさわしいと思います。

結果が出ないわけじゃないんですが、
あまり伸びません。

僕の感覚では、それくらい緩やかです。

でも、そんな暗黒時代を進んでいくと、
急に目の前に「どこでもドア」が現れて、
一気に頂上まで連れていってくれます。

なので、大切なのは、
「いかに暗黒時代を乗り切れるか?」

挫折してしまう人は、
ほぼ例外なく「結果」を重視し過ぎる傾向にあります。

そうなると、暗黒時代の
あまりの成長のゆっくりさに耐えられないのです。

暗黒時代を乗り切るための知恵は1つ。

結果以外に「楽しさ」を見つけること。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

それしかないよなーと思います。

結局、楽しくないと、報われない時期の
あまりの報われなさに心が骨折してしまいます。

器用か不器用か、というよりは、
「楽しさを見つけられる子供心」
~~~~~~~~~~~~~~~

これが大切なんだと思います。

それでは、今回はこれで。
ありがとうございました(^^)
 
 
◆ブログやTwitterでは言えないこともあるのですが、
そういう公には出せない話はメールレターで配信してます
(画像クリックできます)

mlyuu
 
◆LINE公式アカウントもあります

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

こちらにも限定プレゼントがあるので、
両方参加するのがオススメ。

友だち追加数
(もしくは「@carory」でID検索)


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031