世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

日本人はスーパーサイヤ人になれる!?

サイヤ人

こんばんは、かろりぃです!

【日本人はスーパーサイヤ人になれる?!】
これが今回のテーマです。

前回、
【シンデレラストーリーの作り方】
http://carory.com/1492.html

として、なかなか行動できない
自分を突き動かすための3つの方法を
紹介しました。

――――――――――――
1.強い理想(使命)をもつ
2.絶望に追い込まれる
3.周りの流れに乗る
 (コミュニティに入る)
――――――――――――
でしたね。
 
 
この中でも、2番・3番がオススメで、
とくに3番をオススメしました。

3番をオススメした理由をあまり詳しく
話してなかったので、そこを深掘りしつつ、
日本人がスーパーサイヤ人になれる話も
していこうと思います。
 
 
まず、
どうしてコミュニティが良いのか?
という所から。

この理由は、
日本人と西欧人の感覚の違いにあります。
~~~~~~~~~~~~~
 
 
そもそも「コミュニティ」というのは
「共同体」という意味で、協力して
同じ目的を目指す人の集まりのことです。

そして、日本人は元々、
「村社会」であり、農耕民族です。
 
 
1人で出来ることなんて
ちっぽけなコトだと知り。

田畑を家族みんなで協力して耕して、
そこで採れた作物を村のみんなで共有して、
「助け合い」ながら生活してきました。
 
 
・おかげさま
・お互いさま

なんて言葉が昔からあるように、
――――――――――――――――
日本人は元々、
「協力して助け合う」民族なのです。
――――――――――――――――

小さな「コミュニティ」を作って
生き抜いてきたわけです。
 
 
・気を遣う
・気持ちを汲み取る
・気が滅入る
・気に入る
・元気
・気の合う人がいい

「気」という言葉が
日常生活で当たり前のように使われるのも、
日本の特徴です。
 
 
――――――――――――――――
これも、「助け合う」ためには
他人の「気」の流れを読み取りながら
行動していかないと「気が合わなくて」
上手くいきません。

――――――――――――――――

助け合いの民族だからこそ、
「気」という感覚が当たり前のように
使われてるんですね。
 
 
ですが、
西欧人には「気」という感覚はありません。

「気」って言葉を聞いたとき、
それが何なのか言葉にするのは難しくても、
僕らは感覚としてなんとなく分かります。

でも、西欧人からすれば、
「なにそれオイシーの?」状態なのです。
 
 
徹底的な合理主義であり、論理を重視し、
「個人の色彩」を強く主張する文化なので、
「気を遣う」なんて、彼らからしたら
意味が分からない感覚なわけです。

「日本人の行動はヨク ワカラナイヨー」
なんて片言で言われたりするのも、
自分が得するわけじゃないのに”気を遣って”
非合理な行動をする場面が多いからです。

(もちろん、西欧人の中にも
日本的な感覚を持つ人はいますが。)
 
 
話題のキーワードにもなった、
店員さんの「おもてなし」なんて
まさにそうですよね。
 
 
海外のレストランと、
日本のファーストフード店を比べても、
日本の方がサービスが良いし仕事が丁寧。

なんて言われたりしますが、
――――――――――――――――
日本人の「おもてなし」が高レベルなのは、
「”気”持ち」を共有して感じ取れる
「共感力」があるからこそです。
――――――――――――――――

だけど、西欧人は文化の違いから
「共感力」が低いので、僕らが当たり前に
している「おもてなし」に目を見開くのです。
(西欧人をバカにしてるわけじゃありません)
 
 
たしかに、
日本人は気を遣いすぎるし、
個人の主張も弱いです。

なので、
「日本人はダメだ!」
なんて極端に言う人もたまにいますが、
その考えはさすがに次元が低いと思います。
 
 
――――――――――――――――
「人間性」を重視される今の時代、
日本人は最先端の民族なのです。

――――――――――――――――

こんなに「共感力」高い民族は他にないし、
これは勉強で身につくものじゃありません。
 
 
独自の文化、おもてなし、他の言語まで
取り入れちゃうような独特の言語「日本語」
に長年触れるからこそ身につくものです。
 
 
――――――――――――――――
日本は「和」の国であり、
足し算の答えのことを「和」と言いますが、
ここにも日本が最先端である理由があります。
――――――――――――――――
 
 
日本のカレンダーには、
仏教に関わる日も載せてあるし、
キリスト教のクリスマスも書いてあります。

街を歩けば、
いろんな国の食事を扱うお店が
立ち並んでますよね。
 
 
こんな風に、
まさに「和」を表す”コラボレーション”が
いたるところにある
わけです。

それも、どっぷり浸かるわけではなく、
良いところだけ取って日本風にアレンジ
したりしてるわけです。
 
 
あんまり嬉しくないコトとして、
地震大国の日本には、いろんなプレートが
重なっています。

こんな嬉しくないコラボレーションまで
僕らの国には起きているんです。

日本らしさの「和」もありつつ、
いろんなものが足し算されてできる「和」も
あるわけですね。
 
 
そして、今の時代は

「コラボレーションの時代」

と言われています。

ヒットした映画作品やアニメと
流行りのゲームがコラボしたりしてますよね。
 
 
お互いの良いところを組み合わせて、
協力して助け合いながら一つの作品を
作っていく、という流れが海外でもあります。

ミュージシャンのコラボも、
ここ数年でかなり増えてきましたし。
 
 
何が言いたいのかというと、

―――――――――――――――
日本は、今の時代にマッチした国
―――――――――――――――
だということ。
 
 
かの有名なスーパーサイヤ人は、
激しい怒りを持ちながら冷静な心を持つ、
という相反する感情をコラボさせています。

そして日本は、相反するものをコラボして
1つにしちゃうのが得意な国です。
 
 
「日本の欠点」ばかり言う人がいるので、
ほとんどの人は「海外の方がすごい」
と思いがちですが、
もはやそんな時代じゃないんです。

――――――――――――――――
僕らは最先端の感覚をもっているし、
世界を引っ張っていく素質があるのです。
――――――――――――――――

たしかに「個人の色が薄い」という弱みは
ありますが、そんなのはこれから変えていけばいい。
 
 

「今はまだ」弱いだけ。

 
僕らには、
「共感力」と「コラボレーション」
という強烈な地盤があるんですから。
 
 
協力して助け合って同じ目的を目指すのは、
僕らの得意分野なのです。

別に、1人が「すごい」必要なんてなくて、
1人で出来ることなんてちっぽけなコト。
 
 
だったら、お互いの力を共有して
大きな力にすればいいだけ。

僕らには世界を引っ張る素質がある。
 
 
ではでは。
ありがとうございました。
 
 
◆成約率97%の広告代理店トップセールスマンの話術、
モテる人のデートの誘い方に共通する「しくみ」
を語ったセミナーを期間限定プレゼントしているメールレターです

興味があればここから受け取ってください
↓↓↓
mlyuu


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031