なぜオカリナを吹けるようになったのか・・・

この記事は3分で読めます

どうも、かろりぃです!

最近、山の上の公園で散歩するのがマイブームです。笑

水際のベンチに座ってボーッと山を見たり、
同じところをグルグル歩いたりしてるので、
外から見たら「大丈夫かよ?」って言われるレベル。苦笑

でも、一気に文章書いて脳が疲れた時とか、
良いアイディアが思い浮かばない時は
かなりオススメです。

自然界の音には、
脳波をリラックス状態にする効果があるので。

それに、座って考えごとするよりも、
歩きながら考えた方が閃きが起こりやすいんです。

暗記勉強するにも、
歩きながらとか立ちながらの方が頭に入りやすいらしいですよ(^^)

さてさて、
少し前に読者の方からこんな質問をいただいたので、
シェアしようと思います。

――――――――――――――――――
「自分でビジネス始めてみたいと思うんですが、
何をどう勉強していったらいいんでしょうか?」
――――――――――――――――――

これ、ビジネスに限らず、
どんなコトにも共通する悩みだと思います。

たとえば、
僕は楽器をまったく弾けないし吹けません。

小学生の頃にリコーダーやカスタネットを少しやったくらいと、
あとは「ゼルダの伝説~時のオカリナ~」というゲームに憧れて、
オカリナを遊びで少しだけ。

オカリナは、とても買える年齢ではなかったので、
親に駄々こねて買ってもらいました。
色もちゃんと紫色で。笑
(知らない人はすみません)

そのとき、
リコーダーやカスタネットは学校で使い方を習うのでなんとなく分かりますが、
オカリナの吹き方なんて誰も教えてくれません。

小学生だった当時は、
今みたいにインターネットで調べることもできないし、
本屋で本を買うお金もありませんでした。

持ち方はおろか、
どの穴を塞げば何の音が鳴るのかすら分からなかったんです。

そこで、まったく参考にならない
ゲームキャラクターの見よう見まねで吹きながら、
1つずつ音を確かめていったんですね。

で、なんとなく音の出し方が分かってきたところで、
今度は説明書に譜面が載せてあった、
ゲーム内で流れる曲を弾けるようになりたい!

と、調子に乗り始めます。

ところが、譜面が読めない。

「なんか記号が書いてあるのは分かるけど、
なんだこれ?」
と、絶望に打ちひしがれました。苦笑

そこで、今度は学校の音楽の授業で使っていた
教科書を引っ張り出してきて、譜面の読み方を勉強し始めたんですね。

そんなこんなで、
何もない状態からなんとか
短い1曲を弾けるようになったのです。

その後、オカリナは大切に宝箱にしまわれることになりましたとさ・・・。

さてさて、
ここからが重要ポイント!

何も分からなかったオカリナが弾けるようになるまでに、
一体なにが起こったのか?

ザッと流れを見ていきましょう。

――――――――――――――――――
ゲームキャラクターを見て、
必要な道具は「オカリナ」だと分かった。

とりあえず吹いてみたけど、
どこを塞げば何の音が鳴るのか分からない。

音の出し方を勉強

今度は、吹きたい曲の譜面が読めない

譜面の読み方を勉強

吹けるようになる
――――――――――――――――――

この流れをもっと抽象化すると、

―――――――――
観察

真似してみる

足りない所が分かる

そこを勉強する

出来るようになる
―――――――――
こうなります。

さて、
最初に紹介した方は「ビジネス」でしたが、
ここまで来ると、どんなコトでも根本的には同じなんだ!
というのが見えてくると思います。

まずは「観察」。

この人みたいなコトが出来るようになりたい!
と思える人がいたら、
まずその人が何をやってるのかをじっくり観察するわけです。

で、真似してみる。

すると、当然、
いきなりは上手くいかないわけで、
自分に足りないものが分かるんですね。

あとは、
そこを補うような勉強をしていけばOK。

人間、
「これを勉強してください」と言われるよりも、
「これを勉強すればいいんだ!」と自分で気付いた時の方が
モチベーション上がるもんです。

だから、まずは徹底的に観察すること。

しっかり見る!

細かく見る!

とにかく丁寧に見る!

ビジネスに関していえば、
「仕掛ける側の視点」で見るのが大切です。

消費者視点で見るのと、
仕掛ける側の視点で見るのとでは、
見えてくるものが全く違うので。

意識して、いつもとは違う視点で
日常を見てみてください。

「人によって見えてる世界は違う」
の意味が、きっと腹に落ちると思います。

ではでは!
今回はこの辺で!

ありがとうございました(^^)

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2015 04.26

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter