文章・トークを簡単に面白くする方法

この記事は3分で読めます

どうも、かろりぃです。

急に寒くなってきましたね~。

これからの時期、
気分が暗くなりがちなので、
そんなときこそ「日常を楽しむ」という意識を大切にしましょう!

ではでは、

今回は、
―――――――――――――――
文章・トークを面白くする
簡単テクニックを紹介したいと思います。
―――――――――――――――

本当に些細なテクニックですが、
話の面白い人(お笑い芸人など)をよ~く観察していると、
このテクニックを使っていることが分かります。

それは・・・・・

「今から○○を言います」
というのを先に伝えてから話し始める。

どういうコトか?

具体例を出しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~
【話がつまらない人】

「昨日の夜さー、

雨の中、傘さしながら歩いてたら、
後ろからきた車が横にあった水たまりの上を通って

バッシャーン水かけられた!

漫画かと思ったよ」

~~~~~~~~~~~~~~~
【話が面白い人】

「昨日さー、漫画みたいなコト起こった!

夜、雨の中、傘さしながら歩いてたら、
後ろから車が近づいてくる音が聞こえたんだよ。

で、危ないからスッと車道の反対側に寄ったんだよね。

そしたら、

・・・・・

・・・・・

よりよって、
横にあった水たまりの上を
ど真ん中ピンポイントで通りやがって、

大量の水をバッシャーンかけられた」

~~~~~~~~~~~~~~~

・・・どうでしょうか?苦笑

話している出来事は同じですが、
受ける印象はまったく違いますよね。

違いをハッキリさせるために
言葉の表現とかも変えたりしていますが、
一番の違いはやはり、、、、

相手を巻き込んでいるかどうか、
~~~~~~~~~~~~~~

だと思います。

前者は、
一方的に話しているイメージがあって、
聞き手を置いてけぼりにしています。

それに対して後者は、
「今から○○について話しますよ」
というのを先に伝えているので、
相手に聞く準備をしてもらっていますよね。

そうすることで、
相手に「なになに?」という反応をしてもらい、
会話に巻き込んでいるわけです。

それに、後者の話し方だと
話の合間に相槌をうつ余裕がありますよね?

「うんうん」とか「へ~」のような。

それも、
会話に巻き込めている証拠。

偉人の名言を紹介するときにも、

―――――――――――――――
日本人なら誰もが知っている福沢諭吉は、
『学問のススメ』の中で・・・

「衣食住を得て貯蓄して
満足するだけの生活は、アリと同じ」

という発言をしています
―――――――――――――――

よりも、

―――――――――――――――
日本人なら誰もが知っている福沢諭吉は、
『学問のススメ』の中で、こんな発言をしています。

「衣食住を得て貯蓄して
満足するだけの生活は、アリと同じ」
―――――――――――――――

こっちの方がスッと話が入ってきますよね。

何故かというと、

先になにを言うのかを伝えられることで、
聞く準備ができるからなんですね。

会話に巻き込まれているのです。

話がつまらない人は、
相手を巻き込まないで一方的に話します。

話が面白い人は、
相手を巻き込みながら話をします。
~~~~~~~~~~~~~~~

「今から○○を言います」
というのを先に伝える。

↑このテクニックは意識すれば簡単ですし、
すぐに使えるものなので、ぜひ使ってみてください。

ではでは!
ありがとうございました。

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2014 09.20

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter