【#5】驚くほど分かりやすくなる伝え方のコツ

この記事は2分で読めます

こんばんは、かろりぃです。
今回も「驚くほど分かりやすく〜」のシリーズ記事です。

前回記事はこちら
http://carory.com/2482.html

どうすれば分かりやすい、
伝わる話(文章)になるのか?

今回も、そのための意識をご紹介したいなと思います。

次に誰かに説明したりする場面がきたとき、
ぜひこれを意識してみてください。

=================
重要なことを伝える前に
「これすごく重要なんですけど・・・」
という前置きをしてから伝えること

=================

伝え方はそのときに合ったものでいいんですが、
とにかく、「今から大事なこと伝えるよ!
これテストに出るよ!メモしてね!」
というメッセージを前置きで伝えることで、
相手の気が引き締まって、より伝わる話になります。

経験ありますよね。

学校で先生が
「今からやるところは絶対テストに出るからね」
と言った途端、眠気なんて吹っ飛んで
全意識を先生の話に集中した経験が。

音楽を聴くときでも、
サビに入るとイントロよりも
より意識が音楽に向く感覚があると思います。

そして、サビが来るタイミングは
それまでとは”リズムが変わる”ことで
「ああ、もうすぐサビだな」って分かりますよね。

=================
そうやって話にサビを作り出すのが、
「今から重要なこと伝えるよ」
という前置きなのです。

=================

長文だったり長い話になればなるほど、
単調なリズムをずっと聞かされたときみたいに
だんだん集中力が途切れてきて
頭に入らなくなってくるものです。

ですが、そういう前置きによって
話にサビを作ることで、
相手の集中力を取り戻すことができます。

今日の晩御飯どうしようかな、
という考えで膨らんでいた意識を
スッと話に戻すことができるのです。

たとえば、サビをつくる前置きに
どんなパターンがあるのかいくつか紹介しますね。

・ここ重要なことなんだけど〜
・ここが面白いところなんだけど〜
・本当に怖いのは、ここから
・ここからが本題です
・これだけは覚えておいてください

場面によって変わるので
まだまだあるんですが、
「こんな感じなんだな」という
イメージを掴んでもらえたらなと思います。

このテクニック、
たまにテレビで使われたりもしてるので、
そういう所にも注目してみてください。

では、今回はこれで。
ありがとうございました。

→この記事の続きはこちら

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→「Link」プレゼントページに行く


  • 2017 03.25

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter