余裕が先か、与えるが先か

この記事は2分で読めます

どうも、かろりぃこと小野田です。

――――――――――――――
もし精神の平和が欲しいなら、
他人に奉仕しなさい

――――――――――――――

東洋の古典にもこんな言葉があるように、
「与える」ことの大切さはいろんな所で言われています。

僕自身、こうして情報発信している中で
それを実感していて、

最も自分にエネルギーが満ちてる感覚があって
奉仕の心に溢れ心が穏やかになっている瞬間は、
「誰かのために発信した後」なのです。

これは、メールレターでもセミナーでも
YoutubeにUPする動画の収録でもなんでもいいんですが、

―――――――――――――――――――
誰かの人生がより良い方向に動くようにと
祈りの気持ちを込めて発信したとき、
発信する前より明らかに力が溢れています。
―――――――――――――――――――

疲れていて眠気を感じてたとしても、
そんなのはどこかに吹っ飛んでいくのです。

対面コンサルした後とかも、
むしろ僕の方がモチベショーン上がってたりします。

3時間みっちりコンサルした後、
帰ってすぐにメールレターを書き始めたり
セミナー音声の収録をはじめたりするのです。

だからこそ、「与える」ことの重要さを
いろんな講座でも伝えています。

・・・・・と、
こんなことを言うと必ずこんな質問が出てきます。

―――――――――――――――――――
「それって、
かろりぃさんに余裕があるからですよね。

自分は、自分のことだけで精一杯で、
“誰かのために”なんて余裕がないんですよ。

だから、与えられる人になるためにも、
先に自分が幸せにならないとですよね?」
―――――――――――――――――――

【余裕が先か、与えるが先か】

の話になってくるんですね。

で、これは僕の実感からして間違いなく、
「”与える”が先」だと思っています。

最近読んだ本にも、
こんなことが書かれていました。

―――――――――――――――――――
ある人々は乏しい中から与え、
ある人々は富んでいても与えない。

いかに乏しい人でも、
その乏しい中からわかち与えるところに
深い意義があるのだ。
―――――――――――――――――――

余裕があるから与えられるんじゃなくて、
与えるから力が湧いてくるのです。

すると、もっと与えたくなってきて、
さらにさらに力が湧いてきて・・・・

と、正のスパイラルに突入していきます。

これが、
いわゆる「心の余裕」をつくっていくのです。

そうなれば、
―――――――――――――――――――
「誰かのため」が「自分のため」にもなる
―――――――――――――――――――

「自分のために生きようよ」
ということが言われてたりしますが、
僕はそれに半分賛成で半分反対です。

中身が空っぽにならないような、
ミチミチに詰め込まれた「自分のため」は、
「誰かのため」を通った先にしかないからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

現代の個人主義が全然ダメとは言いませんが、
実際、それで「不足感」を感じてる人が多いわけで。

古典が教えてくれることは、
僕らが次のステージに行くために必要なのです。

ではでは、今回はこれで。
ありがとうございました(^^)
 
 

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2016 02.13

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter