世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

「勝てる方法」が見つからない時は?

ed4889a09823c696c10ef8dccd8d9780

どうも、かろりぃ(小野田)です。

SuonaやSuonaプレミアムでの
メルマガはたくさん書いていますが、
このメルマガを送るのは久しぶりになります。
 
 
さてさて、

メルマガを書くだけじゃなく、
コンサルをしていろんな人の
相談に乗ったりもしているのですが、
そこで感じたことがあります。
 
 
それは・・・

―――――――――――――――
ほとんどの人は、
「勝てる方法」を考えようとする

―――――――――――――――
ということ。
 
 
恋愛にしろビジネスにしろ、
「どうすれば勝てますか?」
という質問が多いんですね。

もちろん、
この視点で考えるのが
悪いこととは言いません。

ただ、
この視点”だけ”で考えると、
やれることの幅が狭くなってしまうのです。
 
 
じゃあ、
どういう視点をもてばいいのか?

というと、
 
 
~~~~~~~~~~~~
「負けない方法」を考える
~~~~~~~~~~~~

「勝てる方法」ではなく、
「負けない方法」で考えたとき、
それまで見えなかった光が見えてきたりします。
 
 
たとえば、
僕は小中高の9年間バスケをやっていて、
そのほとんどをセンターという
ポジションでプレーしていました。

でも、正直、センターにしては
身長が特別高いわけでもなく、
体格がガッチリとしてるわけでもありません。

センター向きではないけど
他にいなかったからやっていた、
というだけなのです。
 
 
だから、
試合で他校の選手と対決するとき、
体格のガッチリした人に勝つのは難しく、
よく点を取られてしまっていました。

そこで、
どうすればいいのか試行錯誤したところ、
行き着いたのは、

「そもそもボールを渡させない」
というスタイルでした。
 
 
徹底的に自分のマークする相手には
ボールを渡させないようにすることで、
「そもそも勝負をしない」という状態をつくったのです。

それなら、
華麗にブロックしたりして勝ちはしないけど、
負けることもないからです。
 
 
これが、「負けない方法」。

それまで「勝てる方法」を考えていたときとは、
まったく違う立ち回りをするようになったんですね。
 
 
人間、
「負ける」という経験を積めば積んでしまうほど、
どんどん「負け癖」がついてしまい、
自信をなくしていってしまいます。

すると、余計に負けやすくなるという
負のスパイラルにハマっていきます。
 
 
このスパイラルにハマらないためにも、
「勝てる方法」”だけ”じゃなくて、
「負けない方法」を考えてみるのも大切なこと。
 
 
もし「勝てる方法」を考えて
行き詰まっているなら、

ぜひ「負けない方法」を
考えてみてもらえたらなと思います。
 
 
ではでは!
今回はこれで。

ありがとうございました。
 
 
◆成約率97%のトップ営業マンの話術から学んだ、
「人を惹きつける原理原則」を35分間ノンストップで
語ったセミナーを期間限定プレゼントしている無料メールレターです

興味があればここから受け取ってください
(画像クリックできます)
↓↓↓
mlyuu


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031