男子大学生の手料理がミシュランシェフの味を超える?

この記事は2分で読めます

teryouri

こんばんは、かろりぃです。
【男子大学生の手料理が
ミシュランシェフの味を超える?】

そんな図々しいタイトルにしてみましたが、
これ、意外とありえない話だと思いますか?

僕は料理を習ったこともありませんし、
アルバイト中に横でシェフが料理してるところを
見てたくらいで、適当に自炊する程度の料理スキルです。

ですが、ミシュランで星がつくような
プロが作った料理よりも「美味しい!」と
感じる料理をつくれる自信があります。
(自分が食べたときに)

そして、それは誰にでもできます。

どう作るのか?

極端に言うと・・・
================
料理に使うすべての食材を
種からすべて自分で育て、
調味料も同じように育てて用意し、
もちろん料理も自分でやること
================

これをやれば、
たとえ客観的な味ではプロに劣るとしても
自分が食べたときに感じる
「美味しい!」という感覚はプロを超えます。

間違いなく。

食材はまだしも、
調味料まで自分で育てるのは
まったく現実的ではないんですが、
これをやればプロを超えます。

ただし、「自分が食べたとき」
というのが重要ポイントで、
この手間暇をまったく知らない人が食べたときは
きっとプロの味の方が美味しいと感じるでしょう。

この差はなにか?

=======
背景情報の差
=======

つい最近、久しぶりに昔読んだマンガを
読み直したくなってKindleで一気に買いまして。

10年ぶりくらいに読んでみたら、
第1巻の開始20ページくらいを読んだだけで
目に涙が浮かんできたのです。

物語としてはちっとも進んでない段階で、です。

この不思議現象にも「背景情報」が関係あります。

僕は一度全部読んでるので、
主人公にどんな過去があって
どんな思いで生きてるのかを知ってるわけです。

その主人公に対する背景情報として
脳に刻み込まれてるんですね。

そういうのが全部繋がった結果、
はじめて読んだときと同じシーンでも
感じるもの・見えるものが違うので、
20ページ読んだだけで涙する、
という現象が起きたのです。

料理も同じで、

=================
手料理が美味しく感じられるのは、
そこにかけた手間暇やこだわりや
気配りを背景情報として知ってるから。
=================

食材も同じように、
スーパーで買ったトマトを食べるのと
畑から自分で収穫したトマトをその場で食べるのでは、

実は同じトマトだとしても、
畑から自分で収穫したトマトの方が
圧倒的に美味しく感じるのです。

ましてや自分で1から育てたなら尚更。

これが、プロの味を手料理が超えるとき。

それでは、今回はこれで。
ありがとうございました。

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2017 01.07

関連記事

  1. sirayuki3
  2. zizitu
  3. higenngo
  4. uso
  5. ataeru
  6. じぇっと

管理人

prf01

かろりぃ(小野田サトシ)

技術ばかり重視した「コミュニケーション」に疑問を感じ、【心×身体×技術=コミュニケーション】という信念で活動しています

プロフィール+αはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

かろりぃTwitter