お前はもう、役に立っている(北斗の拳っぽく)

この記事は2分で読めます

どうも、かろりぃ(小野田)です。
最近読んでいる本に、
こんなことが書いてありました。

==================
「俺が汗水たらして働いて得た
お金なんだから、どう使おうが俺の勝手だろ」

と言う人がいるけど、
それは大きな勘違い。

お金はお前のものじゃない。

お金は”社会”のものだ。
==================
(今風に翻訳)

この言葉を聞いた瞬間、
僕の中で世界が一気に広がりました。

たとえば僕は普段、
「時間の方が大事だから」という理由から
手数料払うことになってもコンビニで
お金下すことに抵抗はないんですが、
その視点が広がったのです。

「お金は社会のもの」

この言葉を別の角度で捉えると、
「お金は世界を循環してる」
と捉えられます。

=================
つまり、コンビニで手数料として
払ったとしても、そのお金はこの世から
消えてなくなるわけではないのです。

=================

たとえば巡り巡って、
この日本のどこか、誰かの
お給料として払われるかもしれません。

すると、それは銀行に預けられて、
銀行からどこかの企業に融資されるかもしれない。

そしたら、その融資された企業は、
それを資金にして世の中を
より良くするための活動に打ち込むのです。

そう考えれば、
コンビニで手数料払うことだって、
社会貢献になり得る
んですね。

================
「自分は誰かの役に立てるのか?」
と悩んでる人がたまにいますが、

僕らは、

生きてるだけで
誰かの役に立っている
のです。
================

生きてればお金を必ず使うわけで、
「お金は社会のもの」だから
世界を循環していて、誰かのお給料になったり
世の中のために動いてる人の
活動資金になったりしているのです。

僕自身、通信講座を開いたりして
参加者の方々からお金をいただいてますが、
そのお金でさらに勉強して
より多くのものを提供できるようになっています。

Mr.Childrenの
『彩り』という曲の歌詞にも
こんなことが書いてあります。

=============
僕のした単純作業が、
この世界を回り回って
どこの誰かも知らない人の
笑い顔をつくっている

=============

ここに込められたメッセージは、
「世界は循環してるんだから、
あなたはもう世の中に貢献してるんだよ」
だと思います。

”お金は個人のものではなく、
社会のものである”

一気に視野を広げてくれた言葉でした。

それでは、今回はこれで。
ありがとうございました!
 
 

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2016 06.24

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter