世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

合理的じゃない姿に魅力は宿る

b20f085c179a1103d55903971c3f9981

こんにちは、かろりぃ(小野田)です。

今回は、

【合理的じゃない姿に魅力は宿る】

という話をしようかなと思います。

合理的というのは、
「より効率的に」「より良い結果を出す」
そんな意味で理解してもらえればOKです。

さてさて、
こんな話をしようとしたキッカケは、
ふと、こんなことを思ったからです。

――――――――――――――――
テキトーにやっても真剣にやっても
もらえる報酬が同じとき。

それでも自分の精一杯を出して
真剣に丁寧にやれるかどうかって
その人の人間的魅力が出るよなー

――――――――――――――――

たとえば、
野球・テニス・バスケ・サッカー等、
ボールを使うスポーツの中では、
見た瞬間に、「これは取れないな」と
明らかに分かるボール
ってあります。

これボルトの本気ダッシュでも
絶対に間に合わないわ、物理的に不可能だわ。
そんな瞬間ってあります。

そういうとき、
早めに見切りをつけて諦めるのは、
余計な体力を消耗しないための
合理的な判断だと思います。

最終的な「勝ち」を考えるなら、
そっちの方が正しい選択かもしれません。

ですが僕は、
その合理さは「ダサい」と思います。
~~~~~~~~~~~

試合時間が残り1分で
スコア「200対15」くらい差があっても、
それでも全力で闘う姿は心打たれるし
そんな姿はとても魅力的。

そういう人は応援されるし、
テクニックなんて使わずとも人目を引くし、
周りからの信頼を集める
のです。

―――――――――――――――――――
テキトーにやっても真剣にやっても
どちらでもいいとき、どちらを選ぶか?
―――――――――――――――――――

ここは「人間力」が試される場面です。

そして、
信頼される人、尊敬される人、
そんな人間を目指すなら
意識して「真剣にやる」を選ぶべきです。

それが身体の奥にまで染み込み、
脳内細胞に絡みつき、習慣になるまで。

本やネットコラムによく書いてあるような
「上手なメッキの塗り方」を学ぶよりも、
こういう日々の積み重ねを大切にした方が
長い目で見たら近道になるのだと思います。

ではでは、ありがとうございました。 
 

◆ブログやTwitterでは言えないこともあるのですが、
そういう公には出せない話はメールレターで配信してます
(画像クリックできます)

mlyuu
 
◆LINE公式アカウントもあります

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

こちらにも限定プレゼントがあるので、
両方参加するのがオススメ。

友だち追加数
(もしくは「@carory」でID検索)


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031