自分の進むべき道を決めるには?

この記事は2分で読めます

こんばんは、かろりぃこと小野田です。

最近、
オルテガの『大衆の反逆』という本を読んでいて、
そこでこんなことが書かれていました。

――――――――――――――――――
我々の生きている時代は、
信じがたいような実現への能力が
自分にあることを感じながらも、
なにを実現すべきかを知らない。

我々の時代はいっさいの事象を征服しながらも、
自分を完全に掌握していない時代。

自分自身のあまりの豊かさの中に
自分の姿を見失ってしまったように
感じている時代なのである。
――――――――――――――――――

選択肢がたくさんあるのは豊かさだし、
実際、どんどん便利になって豊かになってるけど、
それゆえに自分を見失ってしまう。

と、そんなことを言っているんですね。
 
 
物質的な豊かさが、
精神的な豊かさになるとは限らない
のです。
 
 
前にどこかで話しましたが、
人は、根本的に損失を嫌がる生き物です。
~~~~~~~~~~~~~~~~

行動経済学で「損失回避性」と呼ばれる
人間心理があります。

同じくらいのメリットとデメリットなら、
デメリットを避ける選択をするんですね。
 
 
なにかを”選ぶ”ということは、
他の選択肢を”捨てる”ことになるので、
そうなると「あっちの方が良かったんじゃ・・・」となるわけです。

なので、
「自分で選べない・選ぶのに時間がかかる」
優柔不断な人が増えているのも、
現代が豊かになっている証拠なのかなと思います。
 
 
インターネットが登場したことによって、
時代の流れはどんどんスピードアップしています。

「新しい生き方」が次々に生まれてます。

「なんでもできる」
と言っても過言じゃないくらい、
僕らには可能性があるし選択肢があるのです。
 
 
でも、だからこそ迷いやすい。
 
 
――――――――――――――――――
今日の「生」は、過去の中に
自分の方向を見出すことができない。

自己固有の「使命」を
自分で発明せねばならないのである。

(※ここで出てくる「過去」は、
「自分の過去」ではなくて、
「歴史」という意味での過去のこと)
――――――――――――――――――

本の中でこう書かれているように、
未来の可能性が満ち溢れていて、
選択肢がたくさんあり迷いやすいからこそ、
歩んでいく方向を決める「道しるべ」が必要なのです。
 
 
その「道しるべ」には、
僕は2つの方向性があると思っています。

◆自分は、こう生きたい
◆自分は、こうは生きたくない

このどちらか、
もしくは両方が必要。
 
 
「こう生きたい」がいくつも集まれば、
それはユニーク(唯一)になるし、

「こうは生きたくない」が集まっても、
それもユニークになります。
 
 
「自分には無理だ」という思い込みを外せば、
僕らにはたくさんの選択肢があるし、
何にでもなれる可能性があります。

ですが、
「道しるべ」がないと選ぶことが難しいし、
選んだとしても隣の芝が青く見えたりしてしまいます。
 
 
なので、
ある程度の方向性を決めないといけないんですが、
それは「自分には無理だ」の思い込みで決めないこと。
 
 
◆自分は、こう生きたい
◆自分は、こうは生きたくない

このどちらか、
もしくは両方で決める「道しるべ」をもつことが、
今の時代で精神的にも豊かに生きるために
必要なことなんだと思います。
 
 
ではでは!
今回はこれで。

ありがとうございました。
 
 

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2015 10.28

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter