王道漫画から学ぶ、相手があなたに夢中になるジョーズ法

この記事は3分で読めます

今日はあなたに、
「人を夢中にさせる演出法」を紹介したいと思います。

でもその前に、まずはサムネにもなってる画像をご覧ください。

「字が下手」は禁句ですよ。苦笑
iPad Airに指で書いてるのでしょうがないんです。
普段はもうちょっとマシな字書きますよ!

まあ、そんな言い訳はどうでもいいとして。
 

この画像の図、王道マンガにある
とある流れを表してます。

ちなみに王道マンガっていうのは、
簡単にいうと少年ジャンプとかで連載される
ワンピースとかドラゴンボールみたいなマンガのことです。

最近人気で僕も大好きな
『僕のヒーローアカデミア』も王道マンガです。
 

で、この流れが何なのかというと・・・

==================
主人公が強大な敵に勝つまでの鉄板の流れ
==================

図の赤点が主人公チーム優勢のときで、
青点が敵チーム優勢(主人公劣勢)のときです。
 

なので、それぞれ順を追って、
主人公が勝つまでの流れを追っていくと、

1.主人公チームが敵を押してイケイケな雰囲気

2.おや?敵が本気出してきて急にピンチ!

3.でも大丈夫。
「うおー」とか叫んで120%の力を発揮して逆転

4.追い詰められた敵。
急に過去の回想シーン入ってきて覚醒。

5.ここで主人公も仲間の力を借りたりして覚醒、
そして劇的な勝利

 

・・・と、だいたいこんな流れになります。
これ鉄板です。神話の法則とも呼ばれます。

で、この流れって、普段見てる分には
別に言葉にしたりしないだけで、
なんとなく感じてる部分ってあると思います。

「たぶん次こうなるんだろうな」って。

なんなら「最後には主人公チームが勝つ」
ってところまで分かった上で見てませんか?

たまに主人公チーム負ける展開があったりもしますが、
基本鉄則として「ヒーローは負けない」っていうのがありますからね。
 

つまり僕らは、王道マンガの楽しみ方として、

================
最後にどうなるかは分かった上で、
それがどう達成されていくのか。

という過程を楽しんでる。
================

こうなるわけです。
 

現実のスポーツの試合とかだと、
「あ、これもう勝負ついたな」って感じたとき、
だいたいそのまま終わっていきます。
(たまに奇跡的な逆転劇があったりもするけど)

そうなると、「もう見なくていいかな」
って感じで興味薄れますよね。

もう結末が分かっちゃったから。
 

だけど王道マンガの場合、
「最後は勝つ」って結末が分かったうえで
それでも興味が薄れずに、
むしろ「どうなるんだろ?」が気になるんです。
 

この違い、めっちゃ面白いし
僕らの恋愛とか日常に活かせる学びがあります。

映画の『ジョーズ』知ってますか?
巨大サメが出てくる映画です。

あれが大ヒットした理由も、
この王道マンガの原理と同じなんですよ。
 

ジョーズって、見てもらえれば分かるんですが、
ちっともサメ出てこないんですよ。笑

だけど僕らは、最初から「サメが出てくる」
ってことは知ってます。

建物に水が入ってきた後の展開を知ってるんです。
 

だからこそ、「いつだろいつだろ?!」って、
気になってしょうがなくなる。

なんてことないシーンでも、
ずっと頭にそのワクワクがあるので
興味が薄れないんですね。
 

ここから学べることがあります。

=================
「これから何が起こるのか?」
を最初に匂わせておくと、
それがいつ来るか気になり夢中になる。

=================

このポイントは、「チラ見せ」です。
 

たとえば相手に何かサプライズでプレゼントを渡すとき、
「今日は君にプレゼントがあるんだ」
って言うのは、先の展開を見せすぎです。

それよりは、

「今日は君を驚かせることがあるんだ」の方が、
相手は何があるんだろ?いつ来るんだろ?って
気になってしょうがなくなり、
ワクワクしながらその瞬間まで過ごせるので
退屈する時間がなくなる
んです。
 

これ、相手を楽しませる演出です。
もちろんブログとかトークでも使える演出。
(後でこの記事の出だしを読んでみてくださいな)

この演出法を「ジョーズ法」って言います。

この名前は覚えなくていいですよ。
 

え?覚えなくていいとか言われると
余計覚えちゃうじゃないか!って?

いや、ほんとに覚えなくていいですよ。

僕が勝手にそう呼んでるだけなので。笑
 

というわけで、今日はそんな
ジョーズ法についての話でした。

大事なことなので2回書きますが、
ほんとに覚えなくていいですよ。
(よし、これだけ言えば脳に刻まれたかな(悪い顔))

ではでは〜!
 

◆LINE@も好評です◆

技術ばかりに偏るコミュニケーション教材に疑問を感じ、
心×身体×技術
=コミュニケーション力

そんな信念から、心と身体を整え
伝え方の技術も磨くために、
脳科学、東洋医学、哲学、心理学などなど
幅広い分野の知見を惜しみなく発信してます。

直接LINEでのやり取りもできます。

【LINE@限定プレゼントもあり】

過去に約4,000円で開き、ビジネス書を教科書にした
異色の恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめて無料公開してます。
(いつまで公開かは未定)

「こいつの発信って受け取る価値あるの?」
は、それを見てから判断していただければと思います。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→今すぐ参加する
(もしくはLINE ID「@carory」で@込みで検索)


  • 2017 07.03

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter