害悪な『白雪姫』が王子と結婚できた本当の理由

この記事は3分で読めます

sirayuki

どうも、小野田です。
『白雪姫』という童話を知ってますか?

たぶん、あまり知らない人でも、
なんとなく「なんか喋る鏡が出てきて、
白雪姫が7人の小人と暮らしてるときに
毒リンゴで殺されかけたところを
通りかかった王子が見つけて持ち帰った話」

ってくらいのイメージはあると思います。

「王子が見つけて持ち帰った」
ここだけ聞くと、とんでもない響きですね。
 

物語と王子補正で素敵な話に聞こえますが、
普通に考えたらこっちも犯罪ですよ。笑

「通りかかったおじさんが持ち帰った話」

ほら、”王子”のところを
”おじさん”に換えるだけで一気に犯罪臭が漂います。
 

まあ、そんなことは置いといて。

==============
この『白雪姫』という物語は、
ものすごく害悪な話なんですよ。
==============

なぜなら、
白雪姫は最終的に王子と結婚するわけですが、
そのために何かしましたか?

・・・

何もしてませんよね。

あの健気で徳を積んでいたシンデレラと違い、
特に何もしていません。

ですので、「何の努力もしなくても
待っていればいつか誰かが手を差し伸べてくれる」

そんな甘さを見た人に
感じさせてしまうのです。
 

しかも、白雪姫は
約束を3度も破るほど未熟でした。

王妃の命令で白雪姫を殺しにきた狩人たちに
森の中で瀕死にされたとき、7人の小人が
彼らの家にかくまってくれたわけですが、

そのとき、「誰が来ても絶対に入れちゃダメ」
と小人たちに言われていました。

それなのに、自ら直接手を下すべく
物売りに変装してきた王妃を3回も入れたのです。

そのせいで、白雪姫は王妃に
3回も殺されかけたわけですね。
 

1回目は、女性の身体の線を美しく見せるための
「胸ひも」を物売りから受け取ろうとして、
そのまま締め上げられました。

2回目は、髪の毛をより綺麗にサラサラにするための
美しい櫛(くし)を受け取ろうとして、
それを頭に突き刺されました。

そして3回目は、毒リンゴを買って
その場でかじって倒れます。
 

そんな白雪姫なんですが、
どうして最後の毒リンゴで倒れた後に
王子に見つけられ結婚することができたんでしょうか?

 

これは、西欧におけるリンゴの意味を考えると
見えてくることがあります。

==================
西欧では、リンゴはその丸い形から
「完全」のシンボルとされている
んですね。
(支配の印、ともいえる)
==================

なので、王の描かれた肖像画で
よく一緒に描かれています。

あと、女性の愛と美のシンボルともされてます。
 

じゃあ、胸ひもと櫛はどうか?

これはどちらも「美しさ」
より際立てるアイテムです。

つまり白雪姫は、もっと美しくありたい!
もっと女性として完全でありたい!
という思いが強かったわけです。

リンゴを買ったのも、それを表しています。
 

ここが注目ポイント!

白雪姫は、リンゴをかじってるのです。

胸ひもと櫛で殺されかけたときは、
どちらも王妃によってやられています。

でも、リンゴをかじったのは白雪姫です。

「かじらない」という選択もできたはずなのに、
自分からかじっています。
 

これが何を意味するのか?

===================
「完全」のシンボルであるリンゴをかじって
その一部を削り取ることで、
「不完全」であることを受け入れた

===================

リンゴをかじるまでは
ずっと完全さを目指していました。
(約束を破って胸ひもや櫛を受け取ろうとした)

もちろん、そうやって上を目指すこと自体は
素晴らしいことです。

でも、それだけじゃ足りなかった。

まだ白雪姫の魅力は輝き出さなかった。
 

そこに最後のピースである、
「不完全さを受け入れる」がハマったことで、
白雪姫の魅力が飛躍したのです。

だからこそ、王子が森で見つけたときに
お持ち帰りしようと思ったわけですね。

ただ眠ってるだけの状態でも、
惹きつけられるほどの魅力があったから。
 

そのキッカケは、
毒リンゴをかじったことによって
「不完全さ」を受け入れたから。

これが、王子と結婚できた本当の理由なのです。

・・・と、これは僕の個人的な解釈なので、参考までに。

それでは、今回はこれで。
ありがとうございました!

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2017 06.05

関連記事

  1. ワイン
  2. 神殿
  3. イカルゴ
  4. akademi
  5. 51ELx3+e80L._SX342_BO1,204,203,200_
  6. buki

管理人

prf01

かろりぃ(小野田サトシ)

技術ばかり重視した「コミュニケーション」に疑問を感じ、【心×身体×技術=コミュニケーション】という信念で活動しています

プロフィール+αはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

かろりぃTwitter