弱気にならないためには○○○○を持つこと

この記事は2分で読めます

僕は高校生のころ、
『モンスターハンター』というゲームにハマって
ずーっとやっていました。

家で1人でもやりますし、
友達と遊ぶ=一緒にモンハンやる、
というのが暗黙の了解になっていたくらい。

修学旅行では、
初日の夜に徹夜でモンハンやって
次の日の記憶がまったく無いくらい。

そんなモンハンは、タイトル通り
モンスターを狩るゲームなんですが、
1回でも倒されたらゲームオーバーになるわけじゃなく、
2回までなら倒されてもいいという親切設計なのです。

で、3回目に倒されたときにゲームオーバー。

ですから、モンスターと戦ってるときも、
2回倒されるまではイケイケドンドンで
攻めて攻めて攻めまくります。

肉を切らせて骨を断つの精神で
勇敢に立ち向かっていきます

ところが、2回倒された途端、
一気に形勢は変わります。

=================
「もう後がない」と思うと
萎縮して弱気になり大胆さがなくなる

=================

「大丈夫」という安心感がある内は
勢いよくリスクを恐れずに立ち向かえるのに、
「大丈夫じゃない」と気づいた途端、
足を前に出すのが怖くなるのです。

すると、勢いが足りずに時間切れになって負けたり、
長引いた結果、回復薬が切れて倒されてしまい
ゲームオーバになってしまう
のです。

まだ慣れてないモンスターと戦うときの
モンハンあるあるです。

==================
これと同じ現象はゲーム以外でも起きてて、
「大丈夫だ」という安全基地が崩壊すると、
人間、弱腰になってしまいます。
==================

「この人しかいない」と、
恋愛に人生の楽しみを全て注いでしまえば、
相手の顔色を伺うようになるでしょうし。

「この仕事クビになったら人生終わり」
と思えば、上司の顔色を伺ったり、
理不尽だと思いながら言うことを聞いたりするでしょう。

「この友達に嫌われたら人生終わり」
と思っていたら、これもまた同じく
相手の顔色を伺って相手の期待に応えるような
生き方になるでしょう。

そうなると、
ゲームが分かりやすい形で教えてくれたように、
決して良い結果にはならないのです。

ですので、心の中に「大丈夫だ」という
安全基地を持っておくのは大切なこと。

==================
そして、その安全基地は与えられるものでも
手に入れるものでもなく、
”人生に対する自分の解釈次第”
創り出せるものです。
==================

大丈夫、あなたは、

自分が思ってるよりも、
 
 
強い。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→「Link」プレゼントページに行く


  • 2017 04.10

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter