世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

「おもてなし」を輸出して欲しい

omotenasi

どうも、かろりぃ(小野田)です。

【「おもてなし」を輸出して欲しい】

これは、とあるフランスの鉄道会社が、
日本の清掃サービスを見て言ったことだそうです。

老舗企業が長続きしている秘訣を
勉強している中で、こんなことが書いてありました。

============
目には見えないものに
価値を見いだす姿勢こそ、
成熟と呼ぶのに相応しい

============
『魂の商人 石田梅岩が語ったこと』より

日本の、
人間愛に溢れた「おもてなし」は、
まさに「目に見えない価値」です。

多くの人に支持されている人、
企業を見ていると、目に見えない価値を
大切にしていることが分かります。
 
 
たとえば、
真剣に相手の話を理解しようとして
頭フル回転で聞くのと、
よくテクニックで話されるような
「真剣に聞いてるように見せる演技」
では、たぶん、見た目はほぼ変わりません。

だけど、ビミョーーに違うのです。

ほんの少しの顔の筋肉の動き。
声のヘルツ(震え)。視線。
身体の動き。呼吸の深さ。

認識できないくらいの違いです。
 
 
でも、人間はそれを
「なんとなく」感じます。

意識より遥かに大きい無意識の中で
五感から得たビッグデータを処理して、
一部をポツリと意識にあげます。

この「なんとなく」程度でしか
感じてもらえないことを大事にしよう、
というのが、老舗企業に共通する姿勢
なのです。

ここ最近、しつこく話している、
=================
人に好かれよう、ではなく、
人を好きでいよう、のスタンスでいる
=================

これは実際、
「好かれよう」のスタンスの人も
「好きでいよう」の人も、
ぱっと見は、ほぼ変わらないと思います。

人に好かれるためには、
相手が望むものを提供すればいいわけで、
そしたら相手の話を聞こうとするでしょう。

好きでいる、というスタンスの人も、
相手を理解しようとして話を聞きます。

ぱっと見は同じです。

でも、「なんとなく」違うんですね。
 
 
元お笑い芸人の島田紳助さんは、

================
目の前の観客を笑わせるな、
テレビの奥にいる茶の間の人達を
笑わせるつもりでネタをやれ

================

と言っていましたが、
これも同じことなんだと思います。

だからこそ、あれだけ多くの人を
笑いに巻き込めていたのです。

「どんなスタンスで生きるか」

なんてのは、目には見えません。
誰がどう生きてるのかなんて、
分かるはずもありません。

でも、「なんとなく」違うのです。

「なんとなく」を大事にしていきましょう。

僕ら日本人は、
元々、それが大得意な民族ですから。

それでは、今回はこれで。
ありがとうございました!
 
 
【毎日、参加者増えてます】

↑自慢するつもりはないのですが、
本当のことだからしょうがない。

7月14日まで期間限定募集している
『Amore~愛について学ぶ1ヶ月~』
今日も参加者、増えてます。

「なんとなく」を洗練していく講座です。

興味あれば、参加お待ちしています。
→メルマガ・LINE@読者限定募集です
 
 
◆ブログやTwitterでは言えないこともあるのですが、
そういう公には出せない話はメールレターで配信してます
(画像クリックできます)

mlyuu
 
◆LINE公式アカウントもあります

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

こちらにも限定プレゼントがあるので、
両方参加するのがオススメ。

友だち追加数
(もしくは「@carory」でID検索)


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031