「無駄なことはない」って本当?

この記事は2分で読めます

どうもー、かろりぃです!

Twitterで流れているツイートを見てみると、
よくこんなコトが言われています。

――――――――――
この世に無駄なことなんて
何もないんだよ!
――――――――――

・・・・・と。

これには、僕も賛成です。

小・中学生時代、
部活や勉強のことで親に怒られまくったこと。
(2時間オーバーの説教が当たり前)

常に進路を決められて、
敷かれたレールの上を歩いてきたこと。

学生時代、ゲームばっかりしていたこと。
マンガばっかり読んでいたこと。

スーパーの惣菜屋で
ひたすらお弁当を作るアルバイトをしていたこと。

人見知りで接客苦手だったくせに
スペインバルで接客の多いアルバイトをしていたこと。

どれも、
「無駄な時間だった」とは
思っていません。

それらがあったからこそ、
今の僕が作られています。

ただ、最近思ったことがあります。

――――――――――――
「無駄なことは何もない」

これ、なんて便利な言葉なんだ!
――――――――――――

・・・・・と。

だって、この言葉を使えば・・・

本当は読書するはずだったのに
ついついYoutubeを見て1日が終わったり。

勉強するぞ!と決めてたのに
友達からの誘いを断れなかったり。

そんな時でも、
「無駄なことは何もない」
の一言ですべてが許されてしまいます。

で、たしかに、
Youtubeから学べることもあるし、
友達と過ごす中で学べることもあります。

「無駄なことは何もない」
というのは事実です。

でも、

――――――――――
怠けてる自分の正当化
――――――――――

―――――――――――
自分を進化させようとしない
「理由」として使う
――――――――――

になっている可能性もあるわけです。

「無駄なことは何もない」

この言葉は、
怠けてる自分を”まあいっか”
とするための言葉ではありません。

なんてことのない日常から
学びを得ようとする意識を高めたり。

コンプレックスの裏側にある
素敵な強みに気付いたり。

自分が過去に噛み締めた苦しみが
他の誰かの助け、笑顔にできることを知ったり。

そういった場面で使う言葉だと
僕は思います。

自分への戒めも込めて・・・。

どんよりした話になってしまいましたが、
思ったことをそのまんま書いてみました。

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました(^^)

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2015 03.15

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter