「ポジティブ」vs.「ネガティブ」

この記事は3分で読めます

どうも、かろりぃです。

昔の僕と今の僕では、
考え方がどんどん変わってきているのですが、

その中でも、今回は「ポジティブ」と「ネガティブ」
についてお話しようと思います。

この2つは、

ポジティブ・シンキング
→前向きに考えること

ネガティブ・シンキング
→悪い方へ考えること

という、
「+」と「-」を意味しているわけですが、
一般的に”ネガティブ思考”は悪いコトだと言われています。

し、

僕もそう思っていました。

「暗いこと考えてたって楽しくないし、
前向きに考えた方が良いコトばかりだ!!」

↑こう思っていたのです。

ビジネス始めたばかりの頃は、
そんな超ポジティブ・シンキングでやっていました。

とりあえずTwitterつぶやいて、
メルマガ書いてたらなんとかなるでしょ!

みたいな楽観主義だったのです。、。

ただ、
それが悪いコトだとは言いません。

楽観的にゆるく考える、
というのも大事だと思います。

切羽詰まった状態でやっても、
「焦り」が先行しすぎて上手くいかないと思うので。

ですが、
極端なポジティブさ”だけ”では上手くいかないのも現実なのです。

「+」と「-」、
どちらか極端にいってしまうのではなく、
ポジティブとネガティブは両立させる必要があります。

「ポジティブ思考」と「ネガティブ思考」には、
どちらにもメリットとデメリットがあって、

それは、

――――――――――
【ポジティブ思考】

・メリット
→基本的に「なんとかなる!」と思っていて楽観的なので、
勢いで一歩が踏み出せる。

・デメリット
→「なんとかなる!」と思っているので、
あまり物事を深く考えず、正しい方向に進んでるかどうかを確認しようとしない。

――――――――――

【ネガティブ思考】

・メリット
→いつも不安を感じているので、
とにかく学びに対して真剣になり、細かい軌道修正をしていける。

・デメリット
→いつも不安を感じているせいで、
準備が完璧に整うまで一歩を踏み出せない。
結局、いつまでも前に進めなくなる。
――――――――――

これを見てもらえれば分かると思いますが、
それぞれのメリットは、それぞれのデメリットを補っていますよね。

なので、
僕が思う理想は、
ポジティブとネガティブを共存させた形、

~~~~~~~~
→ポガティブ
~~~~~~~~

世間一般的に「良いコト」とされている
ポジティブ思考も、

それが極端になってくると、
ただの「考えない人」になるわけです。

自分が進んでいる方向は、本当に正しいのか?
と、考えなくなるわけですね。

それは、
地図を一切見ないで目的地を目指すようなもの。、。

道を間違えたり、遠回りする可能性が高くなってしまいます。

かといって、
ネガティブ思考に寄り過ぎてしまうと、
前に進めなくなります。

準備を完璧にしてからじゃないと踏み出せなくなるので、
結局、いつまで経っても行動に移せないわけです。

なにが問題になってくるかなんてのは、
やってみないと分からないコトなので、
とにかく「やってみる」ってコトが大事なわけです。

なので、
ネガティブに寄りすぎるのも問題。、。

「なんとかなる!」という気持ちでグングン前に進みながらも、
たまには後ろを振り向いて軌道修正していく。

そんな、
→ポガティブ思考が大事なのです。

成功者たちは、
共通してこの思考を持っています。

ポジティブとネガティブの両立、

ポガティブ思考でいきましょう!

ではでは!
ありがとうございました。

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2014 04.08

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter