プロフィール

「ぜったい接客業なんてしたくない!!」
そう思ってたのに・・・。

はじめまして、小野田サトシです。
(前は「かろりぃ」というHNでした)

今は「シンフォニーコミュニケーション」を
テーマにしたオンライン講座の運営だったり、
「ギャグセンス研究所」という月額マガジンを
発行したりしてるんですが、
そうなる前のことをココで簡単に紹介しようと思います。

サクサクっといきますね。

↓↓↓

◆女神との出会い編

小学校4年生までは
誰とでも仲良くなれるタイプでした。

ですが、部活がはじまった頃から急激に大人しくなり、
6年生の頃にはめちゃくちゃ縮こまった人間になってました。

いつも怒られることにビクビクしていて、
人からの評価気にしまくってました。
 

そのまま中学生になると、僕は噴火しました。

顔が。

肌が。

ニキビが大量にできたんです。
 

ただでさえ人目気にしてたのに、
同級生のみんなは卵みたいにキレイな肌の中、
ニキビ大量発生なんてしようものなら大事件。

ますます人目が怖くなりました。

たとえ友達でも、
半径50cm以内に近づかれると
「こいつ肌キタネー」って思われてる気がして、
落ち着いていられませんでした。
 

1日中化粧品サイトにかじりついていて、
どうすれば治るか?をずーーと考えてました。

たぶんその当時は、
女の子より美容の知識あったと思います。笑
 

そんな僕の前に、女神が現れたんです。

マスクをすれば顔が隠せる!
マスクをすればニキビが見えない!
マスクをすれば心が落ち着く!

まさに女神でした。

マスクと共に過ごした中学生時代。
 

イエス、黒歴史。
 

◆接客業しない!と誓った編

高校生になると、少しだけ肌が落ち着いて
中学生のときよりはコミュ障がマシになりました。

この頃から、暗い自分をなんとかしようして、
「よく笑う」を心がけてました。

人間、3年も続ければ変わるもんです。

今は前より笑えるようになった気がします。
 

高校3年生になると、
同学年のバスケ部員が3人しかいなかったこともあり、
部長に任命されてしまいました。

嫌でも人前で話すことが増えたり、
体育館中に響き渡らせるくらい大声を
出さなきゃいけないことが増えて、
この経験で少しだけ自分の殻を壊せました。

高校生時代、よく友達から
「アルパカみたい」って言われてました。

でも、

「ぜったい接客業なんてしたくない!!」

そう決めたのは、大学1年生の春。
相変わらず人見知りで、接客するのが怖かったんです。
 

はじめてのアルバイトを決めた基準は、ただ1つ。

→なるべく接客しなくていい所。

スーパーの一角にあるお惣菜屋さんで働くことに。

なぜか店長と仲良くなり、
ボイスチャット繋いで一緒に夜にゲームしたり、
スノボ行ったりしてました。
 

◆アヒージョ編

お惣菜屋のアルバイトを2年続けたころ、

「このままじゃアカン!」
「自分を変えよう!」
「一番行きたくないところに飛び込もう!」

と思い立ち、今度はスペインバルでアルバイトすることに。
(ワインがメインのスペイン風な居酒屋)

この頃から、成長意欲が
アヒージョみたいにグツグツ湧いてました。

そこでお客さんから「あの子、暗いね」
という厳しい指導をいただきながらも接客に少しは慣れ、
ここで働いた2年間は、僕を大きく変えてくれました。
 

◆はじめてセミナー開いた編

だいぶ積極的に動けるようになった僕は、
セミナーを受けに行ってみたり、
高額なコミュニケーション講座を受けたりしました。
(企業の部長とかアナウンサーの人も来てた)

そして、大学を卒業した年の夏(たしか)、
はじめて自分でセミナー開くことに。

自分が提供できる知識をまとめて、
参加費2,000円のセミナーを開きました。
 

「え、全然コミュ障じゃないじゃん!」
って思われるかもしれませんが、
このとき、ガクブルガクブルしてましたよ。笑

「なんでセミナーやるなんて言ったんだー!!」
って後悔してたくらい。
 

人前で10分も喋ったことないのに、
2時間のセミナーなんて自信ありませんでした。

めちゃくちゃノートに書き込んで
周到に準備してた覚えがあります。

すべて書いてました。

「ここでギャグを挟んで笑いを取る」
とかも赤ペンで重要事項として書いてありました。
 

その後、コミュ障なりに色々考えたことをまとめて
恋愛講座をやってみたり。

「あれ?自分がやりたいことって
誰かのお手伝いなのかも」という思いが芽生えてきて
広告代理店に就職してみたり。

ですが、「ああ、企業のお手伝いよりも、
個人を相手にその人のためになることがしたいな」
と思い、半年で辞める。

ただ、僕が無料でとあるサービスの
説明をしようとしてたとき、
社長が「君の1時間はそんなに安くない」
と言ってくれたこと、今でもハッキリ覚えてます。

だから、自分の安売りはしないことにしました。
 

◆今

その後、コミュニケーション講座へ参加したときに
感じた違和感、「技術ばかりに偏ってるのおかしい」を信念に、

コミュニケーション力
=心×身体×技術

という考えで、医学・脳科学・心理学・哲学など、
あらゆる分野からアプローチするような活動をしています。

ここになら、自分が人見知りコミュ障で
苦しんできたからこそ、情熱を持てると思ったから。

人間、自分が思ってる以上に変われるよ。
を自分の人生で体験してきたから。
 

そうして学んだことを発信することで、
1人でも多くの人の人生が
今よりほんの少しでも良い方向に転がるような
お手伝いができたらいいな。と思ってます。
 

小野田サトシ

→LINE@はここから参加できます

RETURN TOP

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter