生ハム盛から学ぶ「魅力」

この記事は3分で読めます

こんばんは!かろりぃです。

僕は、ちょくちょく文章添削や
電子書籍・レポート等の文章コンテンツの
添削をすることがあるんですが、
そのとき、だいたい同じような「違和感」を感じます。
 
 
細かい誤字脱字や
言い回しの分かりにくさ、
誤解を生みそうな表現、
行間のリズムとかそういう表面的なものじゃなくて、

全体をザーッと読んだときに残る違和感です。
 
 
「この違和感なんだろうなー?」
と思いながら何度も読み返すんですが、
最終的にいつも1つの答えにたどり着きます。
 
 
それが・・・・・
 
 

【統一感】

 
 
全体に「統一感」がないと、
たとえそこで書かれてること自体の
内容は良くても、違和感があるのです。

これは、
「規則性」と言い換えることもできます。
 
 
たとえば、読み手のことを
「あなた」と呼んでたかと思えば、
10行下では「みなさん」になってたり。

内容の区切りのところで
3行の行間を空けてたかと思えば、
途中で2行しか空いてない部分があったり。

途中までは「です・ます口調」だったのに、
いつの間にか「だ・である口調」になってたり。
 
 
これって、

イタリアンの洋風なお店に
日本の国旗が置いてあったり、
滝が流れてししおどしの音がカランっと
鳴り響いてるのと同じようなことが起きてるわけです。
 
 
・・・・・
これはこれで面白そうですが、
なんのお店なのか分からないですよね。笑
 
統一感(規則性)があるからこそ、
余計なノイズが入らないで、
「魅力」になるんですね。
 
 
発言と行動がバラバラな人は、
なんとなく信用できないと思います。

でも、これが一貫している人には、
信用できるし魅力を感じるはずです。
 
 
ただ、ここ重要ポイントなのですが、

~~~~~~~~~~~~~~~~
たとえ表面的な言動はバラバラでも、
「統一感」は成立します。
~~~~~~~~~~~~~~~~

僕がこれに気付いたのは、
飲食店でアルバイトして
「生ハムの盛り合わせ」を作っているときです。

一口サイズにカットした生ハムを
木の板に「美味しそうに」盛り付けるんですが、
これ、やってみると意外と難しいんです。苦笑
 
 
ただキレイに放射線状に並べたり、
縦とか横一列に並べても、
整ってはいますが美味しそうにはならないんです。
 
 
生ハムの盛り合わせを美味しそうに盛るには、
「不規則なんだけど規則性を感じさせる」という、
矛盾したような状態にするのがコツ。

少し折り曲げて高さを作って、
向きはバラバラに並べていき、
高さも同じ高さに揃えたりしません。
 
 
言葉で説明できないほど感覚的なのですが、
バラバラなものをバラバラに配置して、
でも全体的にバランスを取っていくのです。

すると、美味しそうに見える。

これをバイト先のシェフから教わりました。
 
 
「魅力」って、簡単には表せないほど
いろんなカタチがあるわけですが、
この「不規則だけど規則性がある」も、その一つです。
 
 
「あの人、なに考えてるか分からない」
「なんかあの人、掴みどころないよね」

と周りから言われつつも、
なぜか魅力的に見える人っていますよね。
 
 
あれも、実は、

一見バラバラに見えるんですが
なにか一貫したものを感じるから
魅力的なのです。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
同じようなことを言われつつも、
本当にただバラバラなだけの人には
魅力を感じないのです。
 
 
表面的な言動なんて大した問題ではありません。
相手に合わせるような行動をしたっていい。

「嘘」だって言っていいんです。
嘘の内容自体は、重要ではないんですから。
 
 
誰に対しても同じように接するのは
たしかに「統一感」ありますが、
これだけが全てではありません。

嘘を言わないのは
たしかに「統一感」ありますが、
それだけが全てではありません。
 
 
・相手に合わせた
・嘘をついた

その裏側にある「理由」が一貫しているなら、
たとえ表面的にはバラバラでも、
それは「統一感」のあるもの。

 
 
これを「生き方」や「働き方」で置き換えるなら、
たとえやっているコト自体はバラバラに見えても、
その裏側にある「使命(信念)」が一貫しているなら
それは「統一感」を周りに感じさせます。

そういう人は、魅力的に見えて
人が集まってくるのです。
 
 
なんだか話がいろいろ飛んでしまいましたが、
今回伝えたかったことはコレです。

――――――――――――――――――――
「統一感」のないものには違和感があり、
「統一感」のあるものは美しさを感じさせ、
それは人を引き込む魅力になる

※ただ、それは表面的なことには限らない
――――――――――――――――――――

この感覚、
ビジネスをする上でも
人間関係においても重要ポイントなので、
ぜひぜひ覚えておいてもらいたいなと思います。

ではでは!
ありがとうございました。

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2015 09.15

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter