世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

「不幸な過去」なんて存在しない

8f665f06f17c72688c4725542cc6e92b

こんばんは、かろりぃ(小野田)です。

【「不幸な過去」なんて存在しない】

今回は、こんな話をしようと思います。

時間は常に流れ続けていて、
今こうしている間にも、
「過去」はどんどん積み重なっていきます。

その積み重なった過去で
僕らは形作られてるわけですが、
その「過去」にはいろんな種類があると思います。

・楽しかったこと
・辛かったこと
・胸が熱くなったこと
・怒られたこと
・タンスの角に小指をぶつけたこと
・犬のフンを踏んだこと

いろんな過去があると思いますが、
僕はここで声を大にして伝えたいことがあります。

―――――――――――――――
「不幸な過去」なんて存在しない
―――――――――――――――

「いやいや!
好きな人に振られたこととか、
転んで骨折したこととか、
受験で失敗した、資格検定で落ちたことは
どう考えても不幸ですよね」

という声が出てくるかもしれませんが、
それらも全て「不幸な過去」ではないのです。
 
 
もし、
過去にあった出来事に対して
「不幸」というラベルを貼って
脳内の引き出しにしまってあるとしたら、

その人は、
「今の自分」に満足していない。
~~~~~~~~~~~~~~

―――――――――――――――――――
「今の自分」に満足していないから、
過去のことを「不幸な出来事」として、
「だから、しょうがないんだ」と
自分を説得するための根拠にしているのです。
―――――――――――――――――――

これ重要ポイントですが、

過去が「不幸」なものだったのか、
「学び」や「キッカケ」を
与えてくれたものだったのかは、
本人の受け取り方次第。
~~~~~~~~~~

その人が過去をどう解釈して、
どんな意味付けをしているかによって、
過去の「色」は変わるのです。

黒歴史かどうかは、
事実が決めるのではなく本人が決めるもの。

 
 
過去を「マイナスの言い訳」にするのではなく、
「プラスの言い訳」にする。

―――――――――――――――
あの苦しい経験があったからこそ
こんな学びができたし、
だからこそ、これから出来ることがある。
今は、むしろ感謝してる。
―――――――――――――――

こう言える人は、
例外なく魅力的な人です。

それでは、今回はこれで。
ありがとうございました。
 
 
◆ブログやTwitterでは言えないこともあるのですが、
そういう公には出せない話はメールレターで配信してます
(画像クリックできます)

mlyuu
 
◆LINE公式アカウントもあります

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

こちらにも限定プレゼントがあるので、
両方参加するのがオススメ。

友だち追加数
(もしくは「@carory」でID検索)


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031