SNSの本当の恐ろしさ

この記事は4分で読めます

どうも、かろりぃです。

ちょっぴりお久しぶりです。笑

LINEマガジンは、ほぼ毎日のように送っていますが、
メルマガは1週間ぶりくらいになっちゃいました。

(ちなみにLINEマガジンは、
LINE内のID検索で「@carory」で検索すると参加できます。
@マーク付けないと出てこないのでご注意を!)

スマホから見てる人はここからでも↓
友だち追加数

その分、
新しい企画の構想を練っているので、お楽しみに!

このメルマガの最後にもチラッと概要を載せておきます。

ではでは、
今日の本題はこちら!

【SNSの本当の恐ろしさ】

先日、Twitterでこんなことを呟きました。

―――――――――――――――
愚痴、悪口が飛び交う場にいると、
自分の潜在意識も汚れてく

たとえ自分は言ってなくても、
周りがそういう環境だと自分にも影響を受ける

華金のお店選びは、
そういうのも結構大事

発散するはずが、むしろ溜まっちゃう
―――――――――――――――

このツイートかなり評判良かったのですが、
実はかなり情報を削っていて、
結果の部分だけを抜き出してツイートしました。

なんせ、Twitterは140文字しか書けませんからね。苦笑

その点、
LINEマガジンは500文字まで書けるので、
Twitterより一歩踏み込んだ発信ができてマイブーム。笑

で、スコップで周りをガリガリと削って
スリムにしたツイートですが、
今回、これについてもっと深い部分を書いてみようかなと。

「なぜ愚痴や悪口が飛び交う場にいると、
そこにいるだけで自分まで汚れるのか?」

先に答えを言ってしまうと、

―――――――――――――
脳は主語を理解できないから
―――――――――――――

これはどういうコトか?

脳にとっては、

周りから聞こえてくる
サラリーマンの会社に対する愚痴も、

女子高生のその場にいない友達への陰口も、

大学生の単位くれなかった教授に対する罵倒も、

自分が言った今日の出来事への不満も、

友達が言った恋人へのイライラも、

すべて同じなんです。
「誰が」「誰に向けて」言ったかなんて関係ないんです。

耳から入ってきた情報は、鼓膜を震わせ、
脳に電気信号として送られるわけですが、
そこに「主語」という概念はありません。

・イライラ
・悪口
・不満

これらの言葉に対する
「マイナスのイメージ」しか認識しないわけです。

つまり、

――――――――――――――――
周りから入ってくるマイナスイメージも、
自分が言ったマイナスイメージも、
友達が言ったマイナスイメージも、

すべて、
「自分に向けて言われているのと同じ」
――――――――――――――――

雰囲気の悪い場にいるだけで自分が汚れていくし、
自分が言ったマイナスな言葉は自分にも悪影響を与えるのです。

だから、
悪口や愚痴なんて言わない方が良いんですね。

言えば言うほど自分を苦しめていくので。
発散するどころか、溜まりますから。

もう少し言い方を変えると、
自分の「セルフイメージ」が下がります。

セルフイメージというのは、
自分で自分のことをどう思っているか?
というイメージのこと。

このセルフイメージが下がっていると、
自信をもてなくなって性格も歪んできます。

周りを否定ばかりするようになるんですね。

なので、
雰囲気の悪い場にいるだけで、
なぜか自分まで悪口を言いたくなってしまうのです。

これは、セルフイメージが下がるから。

で、ここで重要ポイント。

この「場」というのは、
実はリアル世界だけではないんです。

Twitter、Facebook、LINE、
いろんなSNSを使ってる人が多いと思いますが、
そこを見渡せば、どこかしらで愚痴や悪口が投稿されていると思います。

交友関係が広ければ広いほど、
その確率は高いです。

さて、

普段から僕のメルマガを読んでいる
リテラシーの高いあなたならもう気付いていると思いますが。

リアル世界だけでなく、

―――――――――――――
ネット上からも影響を受ける
―――――――――――――

なんとなーくSNSを見て回っていて、
ふとマイナスイメージの投稿が目に入ってきたら、
もうそれだけでセルフイメージ下がります。

自分では気付かない内に、
じわじわと負のオーラが体内に溜まっていくんです。

SNSは、普通なら繋がれなかった人と
繋がれたりして、とても楽しくて便利なツールなんですが、
こういう恐ろしい一面もあるんですね。

ベッドの中、電車の中、授業中、休憩中、
なんとなーく見ていると、知らない間にセルフイメージが下がっているのです。

とはいっても、

「これからSNSは一切見ないようにして、
雰囲気の良い場にしか行かないようにしましょう!」

なんてのは難しいわけで。

完全に遮断しようとするなら、
人の来ない山奥で白髭の仙人として暮らすくらいしかありません。

ですので今回は、
「バリアを張る方法」を教えます。

これを知っておくだけで、
かなり影響は受けづらくなります。

僕も実際にやっている方法です。

その方法は、すごくシンプル。

――――――
自覚すること
――――――

これだけです。

自覚するだけで、
外からの影響をかなり防げます。

「あ、いま自分悪い影響を受けそうになってるな」

意識的にこう思うようにするだけ。

たとえば、
ホラーゲームをするにしても、
「この廊下の角を曲がったらゾンビが襲ってくる」
というのが分かっていたら、そんなに怖くないですよね?

少なくとも、
無防備でテクテク歩いていった時よりは怖くないはず。

そこに意識を向けていれば、
影響を受けづらくなるんですね。

こうしてバリアを張っていれば、
セルフイメージは下げられにくくなります。

セルフイメージを下げない方法は他にも沢山ありますが、
いきなり沢山話しても混乱するだけだと思いますので、
まずは今日の内容を意識してみてください。

時代の転換期にある今、
負のオーラがいたるところに発生しています。

きちんとバリアを張って、
その影響を受けないようにしていきましょう!

激動の時代を自分らしく生き抜くために。

ではでは!
ありがとうございました(^^)

◆LINEマガジンも面白いですよ◆

【こんな生き方しませんか?】
・「仕事できて上司や部下に頼られる人」になる
・人生に「楽しい」と思えることを増やす
・「知識不足で損する」のはもう止める
・周りより頭一つや二つ分抜ける
・大切な人を守れる強さを備える
・人を笑顔にできるようになる
・世の中の流れに置いていかれない

やり取りがラフにできるので、
感想・相談は、ここから来ることが多いです。

【参加者限定プレゼントもあります】

たった2週間のLINEと1回のデートで
告白成功するような人達が
当たり前のようにやっている技術を公開しています。

過去に約4,000円で開いた恋愛講座「Link」の内容を
全137ページの電子書籍にまとめました。

LINE@に参加してすぐに届くのでどうぞ。
→ここをクリックでプレゼントページへ


  • 2015 04.19

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter