世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

優れたリーダーとそうでないリーダーの違い

Trodel

どうも、かろりぃです。

5日ぶりくらいですかね。

最近は、
「ファンコピ」のコンテンツ作りだったり、
近々やろうと考えてる企画を練ったりと、
意外と忙しいのです。苦笑

(マインドマップ書きながら寝落ちすることも多々あり笑)

あ、ちなみに新しい企画っていうのは、
前回アンケートを取った

~~~~~~~~~~~~~
ストレスを溜めない方法でも、
解消する方法でもない、

ストレスを上手に”溜める”方法・・・。

ストレスに関する常識をぶち壊す
~~~~~~~~~~~~~

↑こんなコンセプトでやろうと思ってる企画のことです。

ちらほら需要があったので、
やることにしました。

まあまだ詳しいことは話しませんが、
楽しみに待ってて頂ければなと思います。

で、
今日は企画について話したいわけじゃないんです。

今日話したいのは、

――――――――――――
◆優れたリーダーとそうでないリーダーの違い
――――――――――――

いつだったか忘れましたが、
以前、「情報発信ビジネスというのは、
自分がリーダーとなって行う教育ビジネスである」
と言いました。

で、
「教育」というのは、
教えるだけではなく、「育てる」という
視点も必要なんだと話したかと思います。

ただ、人を育てるっていうのは
すごく難しいことです。

その代わり、
奇跡を起こすくらいの可能性を秘めているし、
世界を大きく変えるのは「教育」だと思っています。

「教育」こそが世界を平和にする最良の術なんじゃないかと思い、
僕も常々、教育について考え込んだりすることがあります。

そして、情報発信ビジネスをやるなら、
常に考え続けるべきことなのです。

だって、
自分の発信を受け取ってくれた人が
変わってくれなかったらやる意味ないですからね。

少なくとも、
僕がこうして発信を続けられている理由は、
自分の発信で変わってくれた人がいるからです。

僕の影響で本を読み始めたり、
今まで考えもしなかったコトを真剣に考え始めたり、
自分の甘さに気付いたり、勉強の大切さを知ったり。

そうやって衝撃を受けて、
日常の行動が変わっていく・・・。

そして、人生が良い意味で狂い始める。

これが情報発信する醍醐味であり、
意義なんだと思います。

だから、僕らは、
人に強い影響を与える存在でいる必要があるのです。

ですが、
その影響力を弱めてしまう、
よくやりがちな失敗があります。

それが・・・・

――――――――――――
読者と友達になってしまう
――――――――――――

読者っていうのは、
メルマガの場合ですね。

学校でいえば、
「生徒」に当たります。

学校でこんな先生見たことありませんか?

生徒と親しくなり、
タメ口で話されたりアダ名で呼ばれ、
和気あいあいと友達のように接する・・・
~~~~~~~~~~~~~

たしかに、
生徒視点からすれば
友達みたいで良い先生かもしれません。

実際、こういう先生は人気ありますよね。

だけど、
「教育者」という視点で見たら話は違います。

だって、正直、なめられてますよね?

きっと、この先生が真面目なことを言ったって、
真剣に聴く生徒なんていないだろうし、
注意しても反省しようとしないでしょう。

それって、
本当に相手のためになってると思いますか?

「人を育てる」という事だと思いますか?

僕には、そうは思えません。

「チヤホヤされたい」という自分の欲を
満たす方に意識が向いていて、
教育者としての仕事を放棄しているように見えます。

それどころか、
相手をどんどんダメにしていく印象すらあります。

相手のためを思って真剣な話をしても、
その言葉から重みがなくなって、
流すようにしか聴いてくれないわけですからね。

何が言いたいかっていうと、

人を導くリーダーは、

―――――――――――――
共に歩む人たちと仲間になる必要はあれど、
友達になってはダメ
―――――――――――――

情報発信ビジネスでいったら、
読者と友達になっちゃダメってことです。

ただし、共に歩む仲間である必要はあります。

仲間だけど友達ではない・・・

この近すぎず遠すぎずな距離感は、
かなり大事ですよ。

もちろん、
ただ和気あいあいと戯れたくて、
相手を堕落させながら自分の「チヤホヤされたい」欲求を
満たしたいだけならいいですよ。

積極的に友達になりにいけばいいと思います。
その方が返信もたくさん来るはずですしね。

どうぞ勝手にやってください。
そしたら、このメルマガは読まなくて良いと思います。

ただ、そうじゃない。
そんな下らないお遊びのために発信するわけじゃない。

本気で誰かの人生を良くしてあげたいと思うし、
自分の知識や経験でより多くの人を助けてあげたい。

共感してくれる人は、
一人残らず良い方向に変えていってあげたい。

そう思うのなら、
仲間にはなっても友達になってはダメなのです。

あなたの言葉に影響力がなくなってしまうから。
重みがなくなってしまうから。

発信して、返信がたくさん来れば良いってもんじゃないのです。

大事なのはそこじゃない。

~~~~~~~~~~~~~~
自分の発信が
本当に相手のためになっているかどうか
~~~~~~~~~~~~~~

これが大事なのです。

相手に好かれようと耳触りの良い言葉しか言わないのは、
生徒にこびへつらう教師と同じです。

ただ、「嫌われろ」って意味じゃないですよ。
わざわざ嫌われる必要はないですからね。

そこは誤解しないで頂きたいです。

友達ではないけど、
同じ目的を目指して歩む「仲間」ですので。

今回は、そんな感じ。

ではでは!
ありがとうございました。

◆成約率97%の広告代理店トップセールスマンの話術、
モテる人のデートの誘い方に共通する「しくみ」
を語ったセミナーを期間限定プレゼントしているメールレターです

興味があればここから受け取ってください
↓↓↓
mlyuu


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031