世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

悪口は言ってもいい

どうも、かろりぃです。

では、さっそく、
今回のテーマにいきましょう!

◆悪口は言ってもいい

はい、常識外れのタイトル。苦笑

普通は、こういう発信している人って、
「悪口はやめましょう!」
と、言います。
 
 
人の悪口を言うことによって相手も傷付けるし、
言ってる本人にとっても悪影響になるからですね。

それはそれで、すごく正しい事を言ってると思います。
道徳的に考えたら、どう考えても正論です。
 
 
別に、その主張を否定しようというワケではありません。

僕自身も、その主張には賛成しますし、
なるべく心掛けている事でもあります。
 
 
ただ・・・
 
 
「悪口はやめましょう!」
と言われたとして、
それを肝に銘じたとしましょう。

じゃあ、
――――――――――――――――――

今後の人生、一度も悪口言わないで
過ごせる自信があるのか?

――――――――――――――――――
って話です。
 
 
僕、それは中々厳しいことだと思うんですよね。
やっぱり人間ですし、感情のコントロールを
完璧にするのは、不可能だと思います。

誰だって、感情が昂(たか)ぶってしまう事はあります。
どんなに温厚な人でも、イラッとしてしまう事があるわけです。

むしろ、何が起きてもピクリとすら感情が動かないとしたら、
それはそれで人としてどうかと思うわけです。
 
 
だから、僕は、
「悪口は言ってもいい」と思ってます。
 
 
いや・・・・

正確には、
――――――――
悪口を言っちゃっても、
しょうがない
――――――――

もちろん、どう考えても悪口は言わない方が良いし、
僕も、それは普段から気を付けています。
 
 
だけど、やっぱり人間ですから、
どうしても言ってしまう事があるわけです。

「悪口」とまではいかなくても、
人を傷付けてしまうような事を言ってしまったコトって、
誰にでもあると思います。
 
 
だから、
言っちゃったもんは、しょうがないのです。

アインシュタインでも、過去は取り戻せません。

でも、ありきたりな発言ではありますが、
未来は変えられます。
 
 
僕が今回、本当に伝えたかったのはココから・・・

悪口を言ってしまったり、
人を傷付けるような発言をしてしまうのは、
ある程度しょうがない部分があります。
 
 
誰だって、それくらいの事はしてしまいます。

ただ・・・
――――――――――――――
それで良しとするかどうかが
問題なのです。

――――――――――――――

悪口を言ってしまった自分のコトを、
「まあいっか」で済ませてしまうのか、
「しまった~。」と、反省するコトが出来るのか。

これ、すっごい大事なコトです。
自分の信念とか美学に関わる大問題です。
 
 
当然ですが、
「まあいっか。」で済ませてしまうような人は、
一生周りを不快にさせ続けるでしょう。

その内、誰からも相手にされなくなるかもしれません。
 
 
まあいっかで済ませる

自分のステージが下がっていく
 
 
しまった~。と反省する

自分のステージが上がる

後者は、自分を客観視できているというコトなので、
ステージが上がります。
他人と丁寧に接するコトが出来るようになっていくでしょう。

どちらの方が良いかは、
考えなくても分かると思います。
 
 
今回は、
よく言われてるような

「悪口を言うな!」
だと、ちょっと息苦しいかなと思ったので、
新しい考え方を提案してみました。

せひ、取り入れてみてください。
 
 
それではまたー!
ありがとうございました。
 
 
この動画も面白いと思います。

◆成約率97%の広告代理店トップセールスマンの話術、
モテる人のデートの誘い方に共通する「しくみ」
を語ったセミナーを期間限定プレゼントしているメールレターです

興味があればここから受け取ってください
↓↓↓
mlyuu


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031