世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

どうも、かろりぃです!

今回のテーマは、

◆パズドラから学ぶビジネスモデル

『パズドラ』って知ってますか?
ガンホー、って言ったら分かるかもしれませんね。
投資家たちに美味しい思いをさせてくれた、あのガンホーです。

パズルとRPGを組み合わせたスマホアプリで、
めちゃめちゃ人気です。

僕も一時期ハマってました(笑)
 
 
キャラクターのイラストも綺麗なので、
男女関係なくやっている人が多いイメージ。

そんなパズドラなんですが、
――――――――――――――――
どうしてこんなに人気が出て、
爆発的な収益を生み出す事が出来たのか?
――――――――――――――――

単純にゲームが面白いから、
という理由もありますが、実はもっと戦略的なんです。

ここで知っておいてもらいたい言葉があります。
 
 
それは・・・

・フロントエンド商品
・バックエンド商品

順番に説明していきますね。

『フロントエンド商品』というのは、
すごく身近な例だと、無料お試し商品のコトです。

よく化粧品の通販で言われている文句で、
「今なら無料!1週間お試しキャンペーン!!」

っていうアレです。
 
 
あれをフロントエンド商品と言います。
つまり、『集客のきっかけ』ですね。

化粧品の場合、とりあえず使ってみてもらわないと、
効果を実感してもらえません。
だけど、わざわざお金を払ってまで新しいモノに挑戦しようとする人は少ない・・・

そこで、無料で商品を配ってお試ししてもらうコトで、
そのままリピーターになってもらおう、という意図があります。
 
 
これをスマホアプリで考えると、

「無料でゲームが遊べます!」
「今ならレアモンスター○○プレゼント!」

これがフロントエンド商品に当たります。
 
 
パズドラの場合、最初は有料でした。
ですが、期間限定で無料キャンペーンを始めて、
そのまま完全無料へと移行していたはずです。

「期間限定で無料です!」
という売り文句で集客していたんですね。
 
 
で、次に・・・

・バックエンド商品

これは、フロントエンド商品で集客した後に販売する商品のコトです。
フロントエンド商品では利益を求めない代わりに、このバックエンド商品で
利益を上げていきます。
 
 
分かりやすい例だと、通販ですね。

昼間にやっている通販番組で、
「今ならナント!3,980円!!」

というテンションで、激安価格で商品を紹介してきますよね。
で、それを見ていた主婦などに一気に売り込むわけです。
数量限定にして焦らせるコトで、迷っている人の背中もポンポン押しています(苦笑)
 
 
ただ・・その商品が売れても
通販会社に利益はほとんどありません。

なので、この『フロントエンド商品』を
売ってからが通販会社の勝負なんです。
 
 
実は、激安商品が届くと同時にカタログも一緒に届くんですね。

このカタログに注目してもらいたいんですが、
そこに載っている商品は、いたって普通の価格です(笑)
 
 
恐らく、通常の思考だったらスルーなんでしょうが、
商品が届いて気持ちが舞い上がっている状態なので、
「あ、これも欲しい!」 と、なりやすいんです。

そこで、カタログに巧みなコピーを散りばめておくコトで
バックエンド商品をセールスしているわけです。
 
 
では、これをパズドラで考えてみましょう。

パズドラの場合、『魔法石』という
課金アイテムがバックエンド商品となります。
 
 
この魔法石を集めると、『レアガチャ』という、
レアモンスターがゲット出来るガチャガチャを回せるようになります。

友達より強いモンスターが欲しい!
という、人間の競争心を刺激するシステムになってます。
 
 
ただ、パズドラでは決して売り込まれないです。
(一時期ハマっていた僕が言うのだから間違いないです)

ココが重要!
もう一度言いますよ?

売り込まれていないんです

売り込んでいないのに、お客さんが勝手に欲しがり、
自ら進んでお金を払っているんです。
 
 
僕は、これこそが理想のセールスだと思います。

売り込み要素を排除した売り込み・・・
どうしてこんな現象が起きるのか?

それは、集客してからめちゃくちゃ楽しませているからです。
 
 
更に言えば、
無料でも十分過ぎるほど楽しめるんです。
『パズドラ』というテーマパーク内で。

『パズドラパーク』が楽しませてくれるから、
お客さんも進んでお金を払ってくれるわけです。
 
 
無理に売り込まなくても、お客さんを楽しませていれば、
向こうから進んでお金を払ってくれるんです。

この「売り込まない売り込み」を上手く再現したからこそ、
パズドラは爆発的な利益を生み出すコトができたのです。

それと、パズドラは口コミを意識した
Twitterマーケティングも行っていたので、
それも一因だと思います。

さて、
僕らは、このパズドラの
ビジネスモデルから学べるコトは沢山あります。

ぜひ、自分のビジネスに当てはめてみましょう。

もし自分がメルマガを使ってビジネスをするなら、
どうやって集客して、どう利益を生み出していけばいいのか?
 
 
今回のメールで解説した、
・フロントエンド商品
・バックエンド商品
について、もう一度読み返して理解しましょう。
 
 
そして、僕が理想形だと
思っているセールスとはどんなモノなのか?

これも読み返してみてください。

ではでは!
 
 
◆成約率97%の広告代理店トップセールスマンの話術、
モテる人のデートの誘い方に共通する「しくみ」
を語ったセミナーを期間限定プレゼントしているメールレターです

興味があればここから受け取ってください
↓↓↓
mlyuu


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031