彼氏が嫌われてたら笑えばいい

この記事は2分で読めます

こんばんは、小野田です。
昨日こんなやり取りがありました。

「片付けできるようになりなさい!」
って言われて片付けするようになる人なんていないですよね。

時間にルーズな人に「もっと早く来なよ」と言っても、
きっと次も遅れてくるでしょう。

こういうのって、本人も直した方がいいのは分かってるんですよね。

けれど、やろうと思ってもできないんですよ。
 

こうなってしまう原因ってシンプルで、
簡単に言うと「自信がない(セルフイメージが低い)」からです。

で、なんでそうなったのかと言うと、
だいたい子供時代に親や先生などの大人から受けてきた態度が原因。
 

◆やりたくないことをやらされてきた経験
◆やろうとしたことを否定された経験
◆厳しく何度も怒られた経験
◆親が不仲だった

こういう経験を何度も味わってきた人は、
時間にルーズだったり他人の顔色を伺ったり、ルールを守るのが苦手なんですね。

なんせ僕がそうでしたから。笑
 

こういう人は、
「決められた時間に行く」とか、
「決められたことを決められたやり方でやる」のが苦手です。

できたとしても、かなりエネルギー使います。

というのも、子供時代の辛い経験がトラウマになっているからです。
 

つまり、時間にルーズだとか顔色を伺うなんてのは表面的な問題なのです。

ここだけを見て解決しようとしても意味ないんですね。

根本にあるのは「自信のなさ」なので。

ここに対してアプローチしていくのが大事。
 

だから、こういう人には感情的に怒っちゃダメですよー!

子供時代のことを思い出して、
傷にケチャップかけられるようなもんですから。笑
 

相手がなぜそういう言動をしているのかを理解して、受け入れる!

で、彼女だったら、
「私はあなたがどうなっても好きだよ」ってことを態度で見せる!

だから、、、

笑う。
 

彼氏が学校で嫌われてたら、
「え?嫌われてるの?笑」って笑えばいい。

ただ、あったか〜い気持ちで笑うこと!

同じ「笑う」でも、
相手のことをバカにした気持ちで笑うのと、
相手のことを受け入れた気持ちで笑うのでは、
相手が受け取るメッセージは違います。

(こういうの非言語コミュニケーションって言います)
 

落ち込んでるときって、解決策を教えて欲しいわけじゃないんだよね。

居場所が欲しいんですよ。

味方が欲しいんですよ。
 

では、久しぶりのブログはこの辺で。
Youtubeもいいけど、たまにはブログも更新していきたいですね〜。
(Suonaでは文章も書いてますが)
 

PS.

「なにか自信つくようなワーク知りたい!」なら、
この大好評のネーミングストーリーがオススメ。

たまに「小野田さんと話したいから受けてみました!」
って言われるので、それ目的でもオッケーです。笑

→ネーミングストーリーを受ける


  • 2018 07.24

関連記事

管理人

prf01

小野田サトシ(元かろりぃ)

コミュニケーション力UPの専門家。
 で独自理論の発信。
大学1年生のとき、絶対接客業なんてしない!と言ってた人見知りコミュ障なのに、今はセミナー開いたりしてます。
知的だけどユーモアもある人を目指してます。

プロフィールはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

【公開中のコンテンツ】

→無料コンテンツはこちら

→有料コンテンツはこちら

小野田サトシTwitter