世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

ビジネスとは損をすること・・・

カピバラ

どうも、かろりぃです。

現在進行中の企画「Lunatic」で嬉しい感想もらったので
紹介させていただきます。

※もちろん、プライバシーな部分は編集しています

~~~~~~~~~~~~~~
Lunatic1話読んでみました。

率直な感想は、文章を書くのが上手なんだなあ、です。
とても引き込まれました!書籍化されていたら購入してます。多分。

内容に関しては、思考の枠を取っ払った考えを持っていて、
私も何かの枠を取っ払ってみたいなあと思いました。

あと、「マ〇〇〇〇」とか「〇〇〇い」など、
みんなに親しんでもらえるような言葉を選択するところが上手だなあと感じました。
~~~~~~~~~~~~~~

内容に触れるものも編集してあります。

興味あれば、参加してみたら良いと思います。

Lunatic~ストレスを魅力に換える新常識~

今のところ参加者は誰も離脱していないので、
そういうコトなんだと思います。

さてさて、

宣伝(笑)はこの辺にしておいて、
今回のテーマにいきましょう!

――――――――――――
◆ビジネスとは損をすること
――――――――――――

・・・言い間違いじゃないですよ。

僕は、ビジネスは損をすることだと思っています。

それも、少しどころではなく、
めちゃくちゃ損をすること。

「いやいや、ビジネスは損しちゃダメでしょ!」

と思われるかもしれません。

が、

ビジネスは損をするものです。
その考えは変わりません。

僕らは、何をするにしろ損をするべきなのです。

今は「ビジネス」でお話していますが、
この考え自体は、なんにでも共通すること。

たとえば、人付き合いや恋愛でも。

ビジネスは、
「ギブアンドテイク」ではいけません。

→「ギブギブギブアンドテイク」であるべき。

つまり、
受け取る金額の10倍くらいの価値を提供しましょう、
ってコトです。

与えて与えて与えまくるわけですね。

「値段相応」のクオリティで満足せず、
常に「お値段以上」のコンテンツを作るべき。

でないと、
購入してくれた人は「感動」しませんから。

感動してもらえなかったらリピートはありません。

なので、

僕らは、圧倒的に損をするべきなのです。
~~~~~~~~~~~~~~

「割に合わない」くらいが丁度良いんですね。

コンテンツを売って対価をもらう、というよりは、

――――――――――――
相手を感動させる質のコンテンツを渡して、
その与えまくった価値の内のいくらかをお返ししてもらう
――――――――――――

この感覚でいるべきだと思います。

だから、

たとえ無料でプレゼントするコンテンツだとしても、
手を抜かずに全力で作るんです。

有料だろうと無料だろうと、
手を抜いて作っていい理由にはなりません。

値段を付けるかどうかは、
コンテンツのクオリティによるんじゃなくて、
「気分」でいいのです。

ここまでのクオリティは無料にして、
これ以上は有料かなー、とか、そんなコト考えなくていいんです。

有料でも無料でもどっちでもいいやー、
と「気分」で決められるようなコンテンツを作るべき。

それが、僕らに課せられたことだと思います。

そういう姿勢の人の元に
「小さなテイク」が集まって「大きなテイク」になるのです。

ではでは!
ありがとうございました。

またメールしますね。

もっと詳しい話が聴きたい人は、
メルマガへどうぞ。
→かろりぃのメルマガ


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031