世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

なんでスタバはずっと業績良いの??

スタバ

こんばんは、かろりぃです。

今日、スマホのニュースアプリを見ていたら、
こんな記事を見つけました・・・

~~~~~~~~~~~~~
なぜマクドナルドは苦戦していて、
スターバックスは好調なのか??
~~~~~~~~~~~~~

記事のタイトルはうろ覚えですが、
大体こんな意味です(笑)

で、
どんなコトが書いてあったのかと言うと、

―――――――――――――
マクドナルドは、
常にクーポンを発行して集客を図り、
その戦略自体は成功した。

だが、
「マクドナルド=安い」という
ブランドイメージが付いてしまい、
価格しか見ないお客ばかりを集めていたのだ。

その結果、
他のファーストフード店や、
コンビニにお客が流出していってしまった。

※価格しか見ないお客は、
もっと安くて美味しいものを見つければ、
簡単にそっちに行ってしまう。

それに対してスターバックスは、
価格は決して安いとは言えないが、
その分、品質や店の世界観で勝負していた。

そして、
家や職場に代わるサードプレイス(第3の場所)という
コンセプトを打ち出して、
「スターバックス」というブランド売っていた。

その結果、
熱狂的なファンが付き、
価格に関係なく人が訪れ続ける店になったのだ。
―――――――――――――

かなりザックリ書きましたが、
要約するとこんな感じです。

その記事の中では、

・マクドナルド→価格を売る
・スターバックス→価値を売る
という戦略を取っていた、

と書いてありましたが、
これはちょっと表現が正しくないと思います。

どんな戦略だろうと、
売るのは「価値」です。

なので、
「価格を売る」という表現はおかしい。

この場合は、
マックとスタバでは
「価値を置いている部分が違う」の方が正しいかと。

つまり、

マック→「価格」に価値を置いていた
スタバ→品質や世界観(ブランドイメージ)に価値を置いている

こうなります。

で、
マックの方を「置いていた」という
過去形にしたのも理由があります。

「マクドナルドの業績が悪化してる!!」
というニュースが流れ始めたくらいから、
少し価格の高めな商品も出し始めましたよね。

その辺りから、
マックは「価値の置き場」を変え始めたのです。

店内もお洒落な雰囲気にして、
品質や世界観に重きを置くようになりました。

ですが、
あれだけクーポンを発行しまくっていて、
昔はハンバーガー1つ50円くらいにした事もあったので、
「マクドナルド=安物」というイメージは、強烈に焼き付いていたのです。

だから、
どんなに良い食材を使って
高単価なメニューを出したところで、
「どうせマックでしょ」というイメージは消えないわけですね。

他にも、
「安い」で有名どころなのは「ユニクロ」です。

たとえば、
ユニクロが急に高級時計や高級コートを並べだしたらどうですか?

たとえそれが本当に良質な素材を使っていて
高品質な商品だったとしても、買いませんよね?

「いやいや、どうせユニクロでしょ。」
という考えは消えないはずですから。

だから、
商品の品質の問題じゃないのです。

「安物」というブランドイメージが
付いてしまったことが問題なのです。

たしかに、
安い方が喜ばれるだろうし、
たくさん売れると思います。

だけど、そのモデルには限界があります。

もっと安くて美味しかったり、
もっと安くてデザインの良いものが出れば、
そっちにお客を持っていかれてしまうのです。

それも、想像以上にあっさりと。

ですが、
「ブランド」に価値を置いていれば、
そのブランドのファンは、
たとえ価格が高くとも買ってくれます。

品質が良いのはもちろんですが、
それよりも、
「このブランドだから買う」という状態になるのです。

情報発信ビジネスであれば、
ブランドというのは「自分」ですね。

「自分」を安売りしちゃいけません。

相手に申し訳ないから・・・
なんて思わずに、きちんと妥当な金額で売るべきなのです。

それに、
実は安く商品を売るよりも、
高い金額を払ってもらった方が感謝の度合いは大きくなります。

しょせん、安物は安物なので。

同じワインでも、
3万円のワインと聞いてから飲むのか、
1000円のワインと聞いてから飲むのでは、
不思議と3万円と聞いたワインの方が美味しく感じるものなのです。

なので、
「これは!」と思う商品には、
それなりの値段を付けるべき。

その方が長続きするビジネスに出来るし、
相手に本気になってもらえるので、
なんだかんだ相手のためにもなります。

まあ何が言いたかったかというと、

――――――――――
自分に価値を置こう!

自分を安売りするな!
――――――――――

もちろん、
「安い商品なんて1つも売るんじゃねえ!!」

と言いたいわけじゃないので、
そこは誤解のないようお願いします。

戦略の1つとして
安い商品を取り入れるのはアリですから。

ではでは!
ありがとうございました。

◆成約率97%の広告代理店トップセールスマンの話術、
モテる人のデートの誘い方に共通する「しくみ」
を語ったセミナーを期間限定プレゼントしているメールレターです

興味があればここから受け取ってください
↓↓↓
mlyuu


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031