世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

お金をもらうということ

金のアヒル

こんばんは、かろりぃです。

今回のテーマはこちら、

――――――――――――
◆お金をもらうということ
――――――――――――

すっごく当たり前のことなのですが、
ビジネスはお金は頂かないと成立しません。

どんなにTwitterで良いこと呟いても、
ブログを更新しても、
メルマガを毎日のように書いても、

それだけじゃお金は生まれません。

本当にただの趣味で活動していて、
それを自分の収入源にしようと思わないなら別にいいのですが、

・今の収入に「+α」したい
・自分のビジネスだけで生きていけるようになりたい

というのなら、
誰かにお金を払って頂かないといけないわけです。

で、
その場合に、多くの人が持つメンタルブロックがあります。

それが、
――――――――――――
本当にお金をもらっていいのか不安
――――――――――――

自分で何かをやるというコトは、
アルバイトや会社員と違って、ダイレクトにお金が発生します。

「会社」や「お店」ではなく、
「自分」に払ってもらうわけですからね。

だから、
お金を受け取ることに対して
心理的なブロックを感じる人が多いのです。

で、
その気持ちは、すっっごく分かりますし、
僕も初めてのセールスの時は心臓バクバクでした。苦笑

だけど、
実際に自分でセールスしてみたり、
何万円も学びにお金を使ってきた今ならハッキリ言えます。

―――――――――――
お金はもらわないとダメ
―――――――――――

もらった方が良い、
というレベルではなくて、
「もらわなきゃダメ」なのです。

だって、
人はお金を払わないと本気でやろうとしませんから。

学校の授業で寝る人がいるのは、
自分で学費を払ってるわけじゃないからですよね。

感覚的にはタダで授業を受けている気分なので、
その授業に対して価値を感じていないわけです。

だから、寝る。

それに、
友達に借りた本と自分で買った本、
どっちの方が真剣に読むかっていうと、
確実に「自分で買った方」ですよね。

お金を払っているからこそ、
その商品に対して真剣に向き合うわけです。

あなたが本気で相手のためを思って
商品を作ったり企画を考えたのに、
それを真剣に取り組んでくれなかったら嫌ですよね?

だから、
相手に真剣になってもらうためにも、
お金はもらわないとダメなのです。

相手にとって、
お金を払うというのは「覚悟の証」です。

そして、
自分にとっても、
お金を頂くというのは「覚悟の証」。

お金を頂くことによって、
手を抜かないように自分を律するわけです。

つまり、
お金をもらうということは、
――――――――――――
お互いの覚悟と覚悟のぶつけ合い
――――――――――――

相手を本気で成長させてあげたいと思うなら、
しっかりと相応しい金額を受け取るべきです。

もちろん、もらい過ぎはダメですよ。
そんなコトをすれば、お客さんは離れてしまいます。

「相応しい金額」というのが大事です。

お金を頂くという行為は、
決してやましいコトではありません。

だって、
お金って「ありがとう」の気持ちを伝えるツールですからね。

ちゃんと相手を笑顔にしてあげて、
その対価として受け取る感謝の気持ちが「お金」です。

ぜひ、お金についての認識を変えていただければと思います。

もっと面白い話が聞きたい場合は、
メルマガへどうぞ。
→かろりぃのメルマガ
※実際に有料講座で配ったレポートを特別にプレゼントしたりしています。


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031