世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

「情報発信」の実態・・・

黒板

こんばんは、かろりぃです。

最近、
「教育」についての本を読んでいて、
自分のあり方を考えています。

というのも、
「情報発信」ということ自体が、
「教育」をする活動なわけです。

何度も言っていることですが、
情報発信ビジネスというのは、
「自分の出来ること」を相手に提供し、
その対価としてお金をもらうコト。

つまり、
「自分の出来ること」を相手に”教える”わけです。

たとえばこのメルマガでいえば、

僕は、

・サーバーの借り方
・独自ドメインの取得方法
・独自ブログの立ち上げ方
・メルマガの発行方法
・Twitterから読者を集める方法
・0→1を生み出す方法
・人の心を動かす文章術
・ステップメールの仕組み作り
・日記書くだけでお金を生み出す方法

↑ザッと挙げただけでも、
こんなコトを教えているわけです。

これが僕の「出来ること」だから。

で、
これらを「出来るようになりたい人」に向けて、
僕は情報発信をしているわけです。
(このメルマガの場合は、です。)

ですが、
こういうのって、
所詮は「教える」の側面なんですよね。

だけど、
「教育」って言葉には、もう1つ側面があります。

――――――――
→育てる
――――――――

そう、、、、

「育てる」という側面です。

この側面が欠けているよくある例として、
「丁寧に教えすぎる」があります。

つまり、
すっごい具体的に教えすぎちゃうのです。

たとえば、
僕は過去に、
リフォロー率が高くなるTwitterプロフィールの書き方、
を教えていました。

5つくらいのチェックポイントを作って、
「こんな感じで書いてください」と教えてました。

で、
こんな話を聞くと、

「いやいや、それめっちゃ親切じゃないですか!」
と思うかもしれません。

実際、
「丁寧な指導ありがとうございます!」
とも言われていました。

が!

ある日、僕は、

――――――――
これって、
本当に相手の成長になってるのかな?
――――――――

と、疑問に思ったのです。

たしかに、
何をすればいいのかが具体的で分かりやすいし、
親切に思えるかもしれません。

だけど、同時に、

――――――――
個性の芽を潰してるんじゃないか?
――――――――
と、考え始めたわけです。

「親切ですね!」
と言われている自分に酔ってただけでは?

・・・と。

で、
こんな結論に至りました。

――――――――
具体的に教えすぎてしまうことは、
自分の価値観を押し付けてるのと同じ
――――――――

もちろん、
具体的な指示が全くないというのも、
相手が何をしていいのか分からなくなります。

なので、
その辺はバランスだと思います。

が、

過剰な丁寧さは相手の可能性を潰すことであり、
自分の価値観を押し付けることなんだな、

そういう考えに行き着きました。

ではでは、
今回はそんな感じで。

今回の記事で、
何かしらの刺激を受けてくれていたら嬉しいです。

もっと面白い話が聞きたい場合は、
メルマガへどうぞ。
→かろりぃのメルマガ


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031