世のため人のために出来ることを

menu

わたがしライフ

「自分らしさ」という言葉が嫌いです。、。

PAK52_omochyanokagi20131005500

こんばんは、かろりぃです。

よく見かけるし、
僕もよく言っているフレーズの中で、

→【自分らしく生きようよ!】
というものがあります。

この主張自体を変えるつもりはないし、
みんながそうやって生きたら、
もっと日本や世界は活性化するだろうし、
本人も楽しくなれると本気で思ってます。

が!

いろんな人と接する中で、
どうやら「自分らしさ」という言葉が
誤解されているコトに気付きました。

なので、
今回は「自分らしさ」という言葉に
焦点を当てて話してみようかと思います。

タイトルは、
◆「自分らしさ」という言葉が嫌いです。、。

「はあ!?」
と思われてるかもしれませんね。

さっそく最初に言った主張と矛盾してますし。苦笑

まあ、実はですね・・・

――――――――
タイトルで嘘つきました
――――――――

いや、正確には嘘じゃないんですけど、
あのタイトルだけ見たら”嘘”です。

ローマ字で書いたら、
「U・SO」

カタカナで書いたら、
「ウ ソ」
(↑うるさい)

・・・・・

さて、
余談は置いときまして、
(勝手にやったくせに)

あのタイトルでは、
大事な部分を省略して書いてあります。

で、
省略せずに書くと・・・

――――――――
「自分らしさ」という言葉を言い訳にして、
欠点を改善しようとしない人が嫌いです。、。
――――――――
となります。

僕が嫌い(というか苦手)なのは、
「自分らしさ」という言葉ではなくて、
「自分らしさ」という言葉を言い訳に使う人。

たとえば、
「自分は思ったことを素直に言うタイプだから!」
とか言って、
周りに暴言を吐きちらし、相手の心を傷付け、
そんな、誰も言えないような事をズバッと言える自分がカッコイイ、

・・・と思ってるような人です。

相手の気持ちを考えないで、
コンプレックスをえぐるような発言をするのは、
「素直さ」なんかではありません。

ただの「デリカシーがない人」です。
コミュニケーション能力が低いだけ。

「自分らしさ」というのは、
――――――――
自分が思い描く
「理想の姿」・「理想の自分」を
目指すこと
――――――――

もし、
思いやりの心もなく人を傷付け、
傷口に塩を擦り付けるかのごとくコンプレックスをえぐり、
相手のプライドをズタズタにするのが「理想の姿」
なのであれば、何も言うことはありません。

でも、
もしそうでないのなら、
【自分らしさ→素直→思ったことをド直球に言う】
というのは、言葉の意味を履き違えていると思います。

つまり、
何が言いたいのかというと、

~~~~~~~~
「自分らしさ」という言葉は、
ダメな自分を正当化(正しいと)するための言葉ではない!
~~~~~~~~
・・・です。

自分らしさ=楽をする、
↑これは違うんだよ、ってコトが言いたかったわけです。
(ただ、倒れるくらい頑張れ!とまで言っているわけではない)

と、

こんな偉そうなコトを言っているわけですが、
昔は僕も「自分らしさ」という言葉を言い訳に使ってしまっていました。

なので、
今回の記事は、これからの自分への戒めの意味も含んでます。

あなたも改めて、
~~~~~~~~
自分は今まで、どういうニュアンスで
「自分らしさ」という言葉を使ってたんだろう?
~~~~~~~~
と、考えてみてはどうかなと思います。

ではでは!
今回はこの辺で。

ありがとうございました。

もっと面白い話が聞きたい場合は、
メルマガへどうぞ。
→かろりぃのメルマガ


関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031